Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Linear Algebra > Eigenvalue and Singular Value > hess

hess

ヘッセンベルク形式

呼び出し手順

H = hess(A)
[U,H] = hess(A)

パラメータ

A

実数または複素数の正方行列

H

実数または複素数の正方行列

U

直交またはユニタリ正方行列

説明

[U,H] = hess(A) は, A = U*H*U' および U'*U =単位行列 となるような ユニタリ行列U およびヘッセンベルク行列Hを出力します. これにより, hess(A)Hを返します.

行列のヘッセンベルク形式は最初の副対角線以下では 0となります. この行列が対称またはエルミート行列の場合, 形は3重対角となります.

リファレンス

hess 関数は Lapack ルーチン DGEHRD, DORGHR (実数行列の場合) および ZGEHRD, ZORGHR (複素数行列の場合)に基づいています.

A=rand(3,3);[U,H]=hess(A);
and( abs(U*H*U'-A)<1.d-10 )

参照

  • qr — QR 分解
  • contr — 可制御性, 可制御部分空間, 階段化
  • schur — 行列およびペンシルの[ソートされた] Schur 分解

使用される関数

hess 関数はLapack ルーチン DGEHRD, DORGHR (実数行列の場合) および ZGEHRD, ZORGHR (複素数行列の場合)に 基づいています.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:24 CEST 2012