Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Linear Algebra > Eigenvalue and Singular Value > psmall

psmall

スペクトル投影

呼び出し手順

[Q,M]=psmall(A,thres,flag)

パラメータ

A

実数の正方行列

thres

実数

flag

文字列 ('c' または 'd')

Q,M

実数行列

説明

実部 < thres (flag='c') または絶対値 < thres(flag='d') となる固有値-部分空間への投影.

この投影はQ*Mにより定義されます. ここで, Qは列フルランク,Mは行フルランク, そしてM*Q=eyeです.

flag='c'の場合, M*A*Qの固有値 = 実部< thresAの固有値.

flag='d'の場合, M*A*Qの固有値 = 大きさ < thresAの固有値.

flag='c'の場合, [Q1,M1] = eye()-Q*Mの フルランク分解(fullrf)の場合, M1*A*Q1の固有値 =実部>= thresAの固有値となります.

flag='d'の場合, [Q1,M1] =eye()-Q*M のフルランク分解(fullrf)の場合, M1*A*Q1の固有値 = 大きさ>=thresAの固有値.

A=diag([1,2,3]);X=rand(A);A=inv(X)*A*X;
[Q,M]=psmall(A,2.5,'d');
spec(M*A*Q)
[Q1,M1]=fullrf(eye()-Q*M);
spec(M1*A*Q1)

参照

使用される関数

この関数はソートされた Schur形式(scilab 関数 schur)に基づいています.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:24 CEST 2012