Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Sparses Matrix > sparse

sparse

疎行列を定義

呼び出し手順

sp=sparse(X)
sp=sparse(ij,v [,mn])

パラメータ

X

実数または複素数の通常の(または疎)行列

ij

2列の整数行列 (非ゼロエントリのインデックス)

v

ベクトル

mn

2つのエントリ(行の次元, 列の次元c)を有する整数ベクトル

sp

疎行列

説明

sparseは疎行列を作成するために使用されます. ゼロでないエントリのみが保存されます.

sp = sparse(X) は, 0要素を除外することにより,通常の行列を疎行列に変換します. (Xが既に疎行列の場合, spXとなります).

sp=sparse(ij,v [,mn])は, sp(ij(k,1),ij(k,2))=v(k)となる mn(1)mn(2)列の疎行列 を作成します. ij および vは列の次元が 同じである必要があります. オプションのmnパラメータが指定されない場合, 行列spの次元は,それぞれ ij(:,1) および ij(:,2)の 最大値となります.

疎行列に関する操作(結合,加算,等,)は通常の行列と同じ構文により 行ないます.

基本的な関数(abs,maxi,sum,diag,...)は疎行列でも 利用可能です.

(通常の行列と疎行列の)混用も可能です. 結果は処理に応じて通常または疎行列となります.

sp=sparse([1,2;4,5;3,10],[1,2,3])
size(sp)
x=rand(2,2);abs(x)-full(abs(sparse(x)))

参照

  • full — 疎行列を通常の行列に変換する
  • spget — 疎行列のエントリを取得
  • sprand — ランダム疎行列
  • speye — 疎単位行列
  • lufact — 疎行列LU分解
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:56 CET 2011