Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Sparses Matrix > mtlb_sparse

mtlb_sparse

疎行列に変換

呼び出し手順

Y=mtlb_sparse(X)

Pパラメータ

X

疎行列

Y

Matlab形式の疎行列

せつ

Y=mtlb_sparse(X) は Scilab疎行列XをMatlab形式に変換する際に 使用されます. Y は7型の変数,すなわち, type(Y)は7となります. この関数は, mexfilesで使用されます (疎行列を含むMatlab mexileはScilab疎行列を この形式に変換した場合のみ使用できます). 関数full および spgetはこの形式でも 動作します.

この形式を用いるその他の処理および関数は, 接頭辞 "%msp" を用いて Scilab関数によりオーバーロードすることができます. 例えば,関数 %msp_p(x) (SCIDIR/macros/percent ディレクトリ参照)は このような"7型"オブジェクトを表示する際に使用されます.

X=sparse(rand(2,2)); Y=mtlb_sparse(X);
Y, full(Y), [ij,v,mn]=spget(Y)

参照

  • full — 疎行列を通常の行列に変換する
  • spget — 疎行列のエントリを取得
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:56 CET 2011