Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Sparses Matrix > luget

luget

疎行列LU分解の展開

呼び出し手順

[P,L,U,Q]=luget(hand)

パラメータ

hand

ハンドル, lufactの出力

P

疎交換行列

L

疎行列, lower triangular if handが 正則行列から得られた場合は上三角

U

正方正則上三角疎行列(主対角項は1)

Q

疎交換行列

説明

疎行列 Aに関して コマンド[hand,rk]=lufact(A)により得られた handを指定すると,[P,L,U,Q]=luget(hand) は,P*L*U*Q=Aとなるような4つの疎行列を返します.

行列Aはフルランクである必要はありませんが正方行列である必要があります (Aは疎行列と仮定されるため,正方化するために必要に応じて0を追加することができます).

Aが正則でない場合, 行列Lは(rk個の 独立した非ゼロ列について)列圧縮されます 正則な疎行列 Q'*inv(U)Aを列圧縮します.

a=rand(5,2)*rand(2,5);A=sparse(a);
[hand,rk]=lufact(A);[P,L,U,Q]=luget(hand);
full(L), P*L*U*Q-A
clean(P*L*U*Q-A)
ludel(hand)

参照

  • sparse — 疎行列を定義
  • lusolve — 疎な線形システムの解を得る
  • luget — 疎行列LU分解の展開
  • clean — 行列を消去 (小さなエントリをゼロに丸める)
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:56 CET 2011