Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5mv

h5mv

オブジェクトを移動

呼び出し手順

h5mv(srcobj [, srcloc], destobj [, destloc])
h5mv(srcobj [, srcloc], destfile, destloc)
h5mv(srcfile, srcloc, destobj [, destloc])
h5mv(srcfile, srcloc, destfile, destloc)

引数

srcobj

H5Object

destobj

H5Object

srcloc

移動元の位置を指定する文字列

destloc

移動先の位置を指定する文字列

srcfile

移動元のファイル名(文字列)

destfile

移動先のファイル名(文字列)

説明

オブジェクトを他の場所(同じファイルまたは別のファイル)に移動します. このコマンドは, h5cp の後に h5rmを 実行するのと等価です.

新規に作成されたオブジェクトを移動する前には, ファイルをフラッシュする必要があります.

// HDF5ファイルを作成
a = h5open(TMPDIR + "/test.h5");
b = h5open(TMPDIR + "/test1.h5");
// グループとデータセットを作成
h5group(a, "Grp_1");
h5write(a.root.Grp_1, "Dset_1", [1 2 ; 3 4]);
// 移動時に確実に修正が反映されるように,ファイルをフラッシュ
h5flush(a);
// b内にグループとデータセットを作成
h5group(b, "BGrp");
h5write(b("/BGrp"), "BDset", 11:18);
h5close(b)
// Dset_1をroot以下のDset_2に移動
h5mv(a.root.Grp_1, "Dset_1", a, "Dset_2")
// BDsetをデータセットGrp_1にコピー
h5mv(TMPDIR  +"/test1.h5", "/BGrp/BDset", a.root.Grp_1)
// 処理を完了し, 全てのリソースを解放
h5close(a);

参照

  • h5open — HDF5ファイルをオープン
  • h5cp — オブジェクトをコピーする
  • h5rm — HDF5ファイルから要素を削除
  • h5flush — ファイルに関連するバッファを全てフラッシュする

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:14 CET 2019