Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5get

h5get

指定した名前のオブジェクトを取得

呼び出し手順

nobj = h5get(obj, location [, isAttr])

引数

obj

H5Object

location

位置を指定する文字列

isAttr

必要な属性を示す論理値

nobj

H5Object

説明

obj を元として指定した位置のオブジェクトを取得します. isAttr が %T の場合, H5オブジェクトが返されます. デフォルトで isAttr は %F です.

x = ["Hello" "World"; "Salut" "Monde"];
save(TMPDIR + "/x.sod", "x"); // SODファイルはHDF5ファイルです
// Open the created file
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
// ルートオブジェクトを取得, これは a.root または a("/") と等価です.
r = h5get(a, "/")
// データセット "x"を取得
x = h5get(a, "/x") // または h5get(a.root, "x")
x.data
// 既存のデータセットを取得
y = h5get(a.root, "blahblah")
// 属性を取得
attr = h5get(a.root, "SCILAB_scilab_version", %t)
attr.data
// ファイルを全て閉じる
h5close(a)

参照

  • h5open — HDF5ファイルをオープン

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:14 CET 2019