Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5flush

h5flush

ファイルに関連するバッファを全てフラッシュする

呼び出し手順

h5flush(obj [, local])

引数

obj

H5Object

local

論理値

説明

ファイルに関連するバッファを全てフラッシュします. local が %T の場合, そのファイルのみがフラッシュされ, その他は仮想ファイル全体がフラッシュされます.

// HDF5ファイルを作成
a = h5open(TMPDIR  +"/test.h5", "w");
// データセットを書き込む
h5write(a, "MyDset", 1:100);
// ファイルをフラッシュ
h5flush(a);
// 処理を完了し, 全てのリソースを解放
h5close(a);

参照

  • h5open — HDF5ファイルをオープン
  • h5close — HDF5ファイルをオープン

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017