Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5dump

h5dump

H5オブジェクトの内容を標準出力ストリームにダンプ

呼び出し手順

h5dataset(obj, name)
h5dataset(filename, name)

引数

obj

H5Object

name

ダンプするパスを指定する文字列

filename

ファイル名を指定する文字列

説明

H5オブジェクトの内容を標準出力ストリームに書き込みます. デバッグを容易にし, オブジェクトの内容が全て問題ないことを確認する際に有用です.

// HDF5ファイルを新規に作成
a = h5open(TMPDIR + "/test.h5", "a")
// データ
h5write(a, "DS1", 1:10);
h5write(a, "DS2", uint16(1:10));
h5write(a, "DS3", ["Hello" "World"]);
h5writeattr(a, "/DS3", "ATT3.1", "String Matrix")
// ファイル全体をダンプできます
h5dump(a)
// ...または3番目のデータセットのみ
h5dump(a, "/DS3")
// リソースを全て解放
h5close(a)
// ファイルを明示的にオープンせずにダンプできます
h5dump(TMPDIR + "/test.h5");
// ... または3番目のデータセットのみ
h5dump(TMPDIR + "/test.h5", "/DS3");

参照

  • h5open — HDF5ファイルをオープン

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017