Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5close

h5close

HDF5オブジェクトを閉じる

呼び出し手順

h5close([obj_1 [, obj_2 [, ...]]])

引数

obj_i

H5Object

説明

オブジェクトとその全ての派生ノードを閉じます. これにより,このオブジェクトに関連する全メモリを解放できます.

ファイルに関連する全てのバッファはファイルを閉じる前にフラッシュされます.

引数を指定しない場合, オープンされている全オブジェクトが閉じられます

x = ["Hello" "World"; "Salut" "Monde"];
save(TMPDIR + "/x.sod", "x"); // SODファイルはHDF5ファイルです
// 作成済みのファイルをオープン
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
// ファイルの内容をダンプ
h5dump(a);
// "x"という名前のデータセットをオープン
ds = a.root.x
// 属性'SCILAB_Class'を取得
attr = ds.SCILAB_Class
// 値を読み込む
attr.data
// dsからデータを取得
d = ds.data
// データセットを終了
h5close(ds)
// attrはdsからオープンされていたため, attr はもう利用可能ではありません
// ... よってエラーが発生します
attr
// 処理を完了し, リソースを全て解放
h5close(a);

参照

  • h5open — HDF5ファイルをオープン
  • h5group — グループを作成
  • h5dataset — データセットを作成し, データを書き込む
  • h5attr — 属性を作成する

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017