Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5dataset

h5dataset

データセットを作成し, データを書き込む

呼び出し手順

h5dataset(obj, name, sourceInfo [, sourceType], data, targetInfo [, targetType])
h5dataset(filename, name, sourceInfo [, sourceType], data, targetInfo [, targetType])

引数

obj

H5Object

name

新規データセットへのパスを指定する文字列

sourceInfo

5 x n のdouble行列

sourceType

ソースの型を指定する文字列

data

Scilabデータ

targetInfo

6 x n のdoubleの行列

targetType

目標の型を指定する文字列

filename

ファイル名を指定する文字列

説明

引数として指定されたScilabデータに基づき, 名前を指定して(まだ存在しない場合に)新規にデータセットを作成します.

ターゲットのHDF5型は, HDF5マニュアルで利用可能なリストの中から選択できます. このHDF5型の例は"H5T_MIPS_U32" または "H5T_STD_B64BE"ですが, "MIPS_U32" または "STD_B64BE" のような短縮形も使用可能です.

ソース情報はデータを取得する方法に関する情報を指定します. これは 5xn の行列です.ただし,nはデータの次元数です. 行は以下の情報を指定します:

  • 1行目: データの次元.
  • 2行目: hyperslabのstart.
  • 3行目: hyperslabのカウント.
  • 4行目: hyperslabのstride.
  • 5行目: hyperslabのblock.

hyperslab選択に関する詳細については, h5writeを参照ください.

targetInfo行列は 6xn の double 行列です. 最初の行は ターゲットのデータセットの次元, 2行目は次元の最大値を指定します. 1行目と2行目が等しくない場合, データセットは分割されます. 3から6行目はhyperslabのstart, count, stride, block を指定します.

// HDF5ファイルを新規に作成
a = h5open(TMPDIR + "/test.h5", "w")
// データ
x = uint32(1:100);
y = uint32(1:9);
// データセットを作成
// x はC-行列として見えます (行優先)
h5dataset(a, "My_Dataset", [10 10 ; 2 1 ; 4 1 ; 2 1 ; 1 9], x, [7 12 ; 9 14 ; 3 3 ; 1 1 ; 1 1 ; 4 9])
h5dump(a, "My_Dataset");
// 既存のデータセットの次元を拡張子,yデータを追加
h5dataset(a, "My_Dataset", [9 1 ; 1 1 ; 1 1 ; 1 1 ; 9 1], y, [9 12 ; 9 14 ; 1 1 ; 1 1 ; 1 1 ; 9 1])
h5dump(a, "My_Dataset");
// yデータを置換
h5dataset(a, "My_Dataset", [9 1 ; 1 1 ; 1 1 ; 1 1 ; 9 1], uint32(11:19), [9 12 ; 9 14 ; 1 1 ; 1 1 ; 1 1 ; 9 1])
h5dump(a, "My_Dataset");
// リソースを解放
h5close(a)

参照

  • h5group — グループを作成
  • h5attr — 属性を作成する
  • h5write — データセットを作成(存在しない場合)し, データを書き込む
  • h5writeattr — グループまたはデータセット内に属性を書き込む

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017