Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > 2d_plot > histplot

histplot

ヒストグラムをプロットする

呼び出し手順

[cf, ind] = histplot(n, data [,normalization] [,polygon], <opt_args>)

[cf, ind] = histplot(x, data [,normalization] [,polygon], <opt_args>)

引数

n

正の整数 (クラスの数)

x

クラスを定義する増加方向のベクトル (xは2個以上の要素を有します)

data

ベクトル (解析するデータ)

normalization

論理値 (%t (デフォルト値) または %f)

polygon

論理値 (%t または %f (デフォルト値))

<opt_args>

一連の命令 key1=value1,key2=value2 ,... を表します.ただし,key1, key2,... は任意のplot2d の オプションのパラメータ (style,strf,leg, rect,nax, logflag,frameflag, axesflag) とすることができます.

cf

これは一連の命令 key1=value1,key2=value2,...を表します. ただし, key1, key2,... は, plot2dの任意のオプションパラメータ (style,strf,leg, rect,nax, logflag,frameflag, axesflag) とすることができます.

ind

これは一連の命令key1=value1,key2=value2 ,...を表します. ただし,key1, key2,... は, plot2dの任意のオプションパラメータ (style,strf,leg, rect,nax, logflag,frameflag, axesflag) とすることができます.

説明

この関数は,クラスxを用いてdataベクトル のヒストグラム(柱状グラフ)をプロットします. xのかわりにクラスの数nが指令された場合, クラスは等間隔でdx = (x(n+1)-x(1))/nとして x(1) = min(data) < x(2) = x(1) + dx < ... < x(n+1) = max(data) となるように選択されます.

クラスはC1 = [x(1), x(2)]およびi >= 2の時にCi = ( x(i), x(i+1)] により定義されます. dataの総数 Nmax (Nmax = length(data))となり, Ciに含まれるdata要素の数 Niは normalizationが true (デフォルト)の場合には Ni/(Nmax (x(i+1)-x(i)))となります. そうでない場合, Ni となります. 正規化が行われる場合,このヒストグラムは以下の制約を満たします:

任意の plot2d (オプション) パラメータを指定できます; 例えば,色番号2 (標準カラーマップを使用する場合には青)のヒストグラムをプロットする場合や, 矩形 [-3,3]x[0,0.5] の内側へのプロットを制限する場合, histplot(n,data, style=2, rect=[-3,0,3,0.5]) を使用することができます.

周波数ポリゴンは,ヒストグラムの全てのビンの頂部の中点をつなぐことにより描画されるグラフn 線です. このため, ポリゴン周波数チャートをプロットするために histplot を使用できます.

オプションの引数 polygon は,直線を有するヒストグラムの 各バーの頂部の中点を接続します.

polygon=%tの場合, 周波数ポリゴンチャート付きのヒストグラムが出力されます.

デモを参照するには histplot()コマンドを入力してください.

  • 例 #1: ガウス乱数標本の種々のヒストグラム
    d=rand(1,10000,'normal');  // ガウス乱数標本
    
    clf();histplot(20,d)
    
    clf();histplot(20,d,normalization=%f)
    
    clf();histplot(20,d,leg='rand(1,10000,''normal'')',style=5)
    
    clf();histplot(20,d,leg='rand(1,10000,''normal'')',style=16, rect=[-3,0,3,0.5]);
  • 例 #2: 二項分布 (B(6,0.5)) 乱数標本のヒストグラム
    d = grand(1000,1,"bin", 6, 0.5);
    
    c = linspace(-0.5,6.5,8);
    
    clf()
    
    subplot(2,1,1)
    
    histplot(c, d, style=2)
    
    xtitle("normalized histogram")
    
    subplot(2,1,2)
    
    histplot(c, d, normalization=%f, style=5)
    
    xtitle("non normalized histogram")
  • 例 #3: 指数乱数標本のヒストグラム
    lambda = 2;
    
    X = grand(100000,1,"exp", 1/lambda);
    
    Xmax = max(X);
    
    clf()
    
    histplot(40, X, style=2)
    
    x = linspace(0,max(Xmax),100)';
    
    plot2d(x,lambda*exp(-lambda*x),strf="000",style=5)
    
    legend(["exponential random sample histogram" "exact density curve"]);
  • 例 #4: 周波数ポリゴンチャートおよびガウス乱数標本のヒストグラム
    n=10;
    
    data=rand(1,1000,"normal");
    
    clf(); histplot(n, data, style=12, polygon=%t);
    
    legend(["normalized histogram" "frequency polygon chart"]);

参照

  • histc — ヒストグラムを計算
  • hist3d — 3次元ヒストグラム
  • plot2d — 2Dプロット
  • bar — 棒ヒストグラム
  • dsearch — 指定の分類で行列またはハイパー行列の要素を分配, 配置および数える
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:25 CEST 2014