Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Signal Processing > filters > fsfirlin

fsfirlin

周波数標本法によるFIR, 線形位相フィルタの設計

呼び出し手順

[hst]=fsfirlin(hd,flag)

引数

hd

指定する周波数応答標本のベクトル

flag

値は1または 2で, 1型または2型設計を選択します

hst

周波数グリッドにおける近似的な連続応答を指定するベクトル

説明

周波数標本法による FIR,線形位相フィルタの設計用関数です.

// fsfirlinマクロの周波数標本法によるFIRフィルタ設計への適用例
//
// 2つのフィルタを設計します: 最初のフィルタ(応答 hst1)は
// 通過域と阻止域の間で0から1までの急峻な遷移を有します;
// 2番目のフィルタ(応答 hst2)は平滑化のために各遷移域に1個の
// 標本(振幅 0.5)を有します.
//
hd=[zeros(1,15) ones(1,10) zeros(1,39)];// 目標とする標本
hst1=fsfirlin(hd,1);// 遷移域に標本がないフィルタ
hd(15)=.5;hd(26)=.5;// 遷移域の標本
hst2=fsfirlin(hd,1);// 対応するフィルタ
pas=1/prod(size(hst1))*.5;
fg=0:pas:.5;// 正規化した周波数グリッド
plot2d([1 1].*.fg(1:257)',[hst1' hst2']);

// 2番目の例
hd=[0*ones(1,15) ones(1,10) 0*ones(1,39)];// 目標とする標本
hst1=fsfirlin(hd,1);// 遷移域に標本がないフィルタ
hd(15)=.5;hd(26)=.5;// 遷移域の標本
hst2=fsfirlin(hd,1);// 対応するフィルタ
pas=1/prod(size(hst1))*.5;
fg=0:pas:.5;// 正規化した周波数グリッド
n=prod(size(hst1))
plot(fg(1:n),hst1);
plot2d(fg(1:n)',hst2',[3],"000");

参照

  • ffilt — FIRローパスフィルタの係数
  • wfir — 線形位相FIRフィルタ
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:23 CEST 2014