Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes
Scilab Online Help
5.5.0 - 日本語

Change language to:
English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 2024.1.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Elementary Functions

Elementary Functions

  • bitwise
    • bitandビット単位の論理積(AND)
    • bitcmpビット毎の補数
    • bitget指定した位置のビットを取得
    • bitorビット単位の論理和(OR)
    • bitset指定した位置のビットを設定
    • bitxorビット単位の排他的論理和(XOR)
    • isequalbitwiseビット単位の変数比較
  • Complex
    • complex複素数を計算する.
    • conj共役
    • imag虚部
    • imult虚数単位 i を乗じる
    • isreal変数が実数または複素数のエントリかどうかを調べるc
    • real実部
  • Discrete mathematics
    • factor素因数分解関数
    • factorial階乗関数
    • gcd最大公約数を計算
    • lcm最小公倍数
    • permsベクトル要素の全順列
    • primes素数関数
    • rat浮動小数点数の有理数近似
  • elementarymatrices
    • diag対角行列の構築または展開
    • eye単位行列
    • ind2sub線形添字を添字付き行列に変換
    • linspace線形に配置されたベクトル
    • logspace対数的間隔のベクトル
    • meshgrid行列または3次元配列を作成
    • ndgrid多次元関数評価用グリッドの配列
    • ones要素が1の行列
    • rand乱数生成
    • squarewave周期 2*%piの矩形波を生成
    • sub2ind行列添字を線形添字に変換
    • testmatrixヒルバート,フランクのような特殊行列を作成
    • toeplitztoeplitz行列
    • zerosゼロからなる行列
  • Exponential
    • exp要素毎の指数関数
    • expm正方行列の指数関数
    • log自然対数
    • log10対数
    • log1p引数に1を足した数の自然対数を厳密に計算する
    • log22を底とする対数
    • logm正方行列の対数
    • polar極座標形式
    • sqrt平方根
    • sqrtm行列の平方根
  • Floating point
    • ceil切り上げ
    • clean行列を消去 (小さなエントリをゼロに丸める)
    • double整数から倍精度表現に変換
    • fix0方向への丸め
    • floor下方向への丸め
    • format数値の印字および表示形式
    • frexp浮動小数点数を2を基底とする指数部と仮数部に分解する
    • ieee浮動小数点例外モードを設定
    • int整数部
    • isinf無限大のエントリかどうかを調べる
    • isnan"Not a Number" エントリを調べる
    • nearfloat前のまたは次の浮動小数点数を取得
    • nextpow2次の2のべき乗の値
    • number_properties浮動小数点数パラメータを定義する
    • round丸め処理
  • Integer representation
    • base2decbを基底とする表現から整数への変換
    • bin2dec2進表現を整数に変換します
    • dec2base10進数を基底Nの数値(文字列)に変換
    • dec2bin2進表現
    • dec2hex整数の16進表現
    • dec2oct整数の8進表現
    • hex2dec16進数表現から整数への変換
    • oct2dec8進数を整数に変換する
  • matrixmanipulation
    • flipdim指定した次元に沿って x の要素を反転
    • matrixベクトルまたは行列を異なる大きさの行列に成形する
    • permute配列の次元の順序を変更
    • pertrans過転置(pertranspose)
    • repmat配列を複製/タイル状に配置
    • resize_matrix異なる大きさの新規行列を作成
    • squeezeスクイズ
  • matrixoperations
    • abs絶対値, 大きさ
    • crossベクトル外積
    • cumprod累積積
    • cumsum累積和
    • kronクロネッカー積 (.*.)
    • max最大値
    • min最小値
    • norm行列のノルム
    • prod
    • signm行列符号関数
    • sumベクトル/行列エントリの合計 (行合計, 列合計)
    • tril行列の下三角部
    • triu上三角
  • searchandsort
    • dsearch二分探索法
    • find論理値ベクトルまたは行列のtrue要素の添え字を見つける
    • gsortクイックソートアルゴリズムによるソート
    • lex_sort行列の行の辞書式ソート
    • vectorfindベクトルに一致する行列の行または列を見つける
  • setoperations
    • intersect2つのベクトルで共通の値のベクトルを返す
    • members配列の各要素または他の配列の行または列を数える(及び位置を調べる)
    • setdiffベクトルの要素のうちで別のベクトルに属していない要素を返す
    • unionベクトルの和集合要素を展開
    • uniqueベクトルまたは行列のユニークなな要素を展開
  • signalprocessing
    • bloc2expブロック図の記号評価
    • bloc2ssブロックを状態空間表現に変換b
    • pen2eaペンシルからE,A に変換
    • ssrand乱数生成器
    • sysconvシステム変換
    • sysdiagブロック対角システム接続
    • trfmod極/ゼロ表示
  • symbolic
    • addfシンボリックな加算
    • cmb_linシンボリックな線形結合
    • ldivfシンボリックな左除算
    • mulfシンボリックな乗算
    • rdivfシンボリックな右除算
    • solve代数線形システムのソルバ
    • subfシンボリックな減算
    • trianfmlシンボリックな三角化
    • trisolveシンボリックな線形システムソルバ
  • Trigonometry
    • acos要素毎の逆余弦
    • acosd要素毎の逆余弦, 結果は度.
    • acosh双曲線逆余弦
    • acoshm行列双曲線逆余弦
    • acosm行列毎の逆余弦
    • acot引数の要素毎の逆正接を計算する.
    • acotd引数の要素毎の逆正接(単位:度)を計算する.
    • acoth要素毎の逆双曲線正接.
    • acsc引数の逆余割を要素毎に計算する.
    • acscd引数の逆余割を要素毎に計算し,結果を度単位で返す.
    • acsch引数の逆双曲線余割を要素毎に計算する.
    • asec引数の要素毎の逆割線を計算する.
    • asecd引数の要素毎の逆割線を計算し,結果を度単位で返す.
    • asech引数の要素毎の逆双曲線割線を計算する.
    • asin逆正弦
    • asind逆正弦 (結果の単位: 度)
    • asinh双曲線逆正弦
    • asinhm双曲線逆正弦行列
    • asinm行列用の逆正弦
    • atan2象限および 4象限逆正接
    • atand2象限および 4象限逆正接, 結果の単位は度.
    • atanh双曲線逆正接
    • atanhm行列の双曲線逆正接
    • atanm正方行列の逆正接
    • cos余弦関数
    • cosd要素毎の余弦(引数の単位:度)
    • cosh双曲線余弦
    • coshm行列の双曲線余弦
    • cosm行列余弦関数
    • cotdコタンジェント(余接,引数の単位:度)
    • cotgコタンジェント(余接)
    • coth双曲線コタンジェント(余接)
    • cothm行列双曲線コタンジェント(余接)
    • csc引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する.
    • cscd度単位で指定した引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する
    • csch引数の双曲線コセカントを要素毎に計算する.
    • csgn複素数の実部のベクトル符号を返す.
    • sec引数の割線を要素毎に計算する.
    • secd要素毎の割線(引数の単位:度)
    • sech引数の双曲線割線を要素毎に計算する
    • sin正弦関数
    • sincsinc関数
    • sind要素毎の正弦(引数の単位:度).
    • sinh双曲線正弦
    • sinhm行列双曲線正弦
    • sinm行列正弦関数
    • tan正接
    • tand正接 (単位: 度)
    • tanh双曲線正接
    • tanhm双曲線正接行列
    • tanm行列正接
  • IsAScalar変数がスカラーかどうかを確認. この関数は廃止予定です.
  • and論理積, 配列の要素
  • &論理積演算子
  • cat複数の配列を結合する
  • cell2matセル配列を行列に変換
  • cellstr文字列ベクトル(または文字列行列)を文字列のセルに変換
  • iscolumn変数が列ベクトルであるかを確認
  • isempty変数が空の行列または空のリストかどうかを調べる
  • isequalオブジェクトの比較
  • ismatrix変数が行列かどうかを確認
  • isrow変数が行ベクトルかどうか確認する
  • isscalar変数がスカラーかどうかを確認.
  • issquare変数が正方行列かどうかを確認
  • isvector変数がベクトルかどうかを調べる
  • lstsizelist, tlist, mlist エントリの数
  • maxi最大値
  • mini最小値
  • pmodulo正の剰余モジュロm演算
  • ndims配列の次元の数
  • nthroot実数のn番目の実根
  • num2cell配列をセル配列に変換する
  • or配列の要素の論理和
  • |論理和演算子
  • sign符号関数
  • sizeオブジェクトの大きさ
  • sort"クイックソート" アルゴリズムによる安定なソート (古い関数, gsort参照)
  • unwrapunwrap a Y(x) profile or a Z(x,y) surface. Unfold a Y(x) profile
Report an issue
<< Differential Equations, Integration Scilabヘルプ Linear Algebra >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Fri Apr 11 14:18:54 CEST 2014