Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Scilab > Scilab keywords > parents

parents

( ) 左および右括弧

呼出し手順

(expression)
[...]=func(e1,e2,...)
[x1,x2,...]=(e1,e2,...)
x(i,j)
v(i)
[...]=l(i)

パラメータ

x

任意の型の行列

v

任意の型の行または列ベクトル

l

リスト変数

func

任意の関数名a

e1,e2,...

任意の型の式

説明

左および右括弧は以下の用途で使用されます

* 式の中で評価の順序を指定します,

* 関数の右辺の引数のリストを作成します. 複数の右辺の引数の間はカンマで区切られる必要があります.

ベクトル,行列およびリストの中の要素を選択します. 詳細にについては, 展開および挿入のヘルプを参照ください.

* [x1,x2,...]=(e1,e2,...) は,まず %t_1 = e1, %t_2 = e2, ...,を実行した後, x1 = %t_1, x2 = %t_2, ..., とすることに等価です. ただし, 変数 %t_i, i = 1, 2, ...はユーザから不可視です.

3^(-1)
x=poly(0,"x");
//
(x+10)/2
i3=eye(3,3)
//
a=[1 2 3;4 5 6;7 8 9],a(1,3),a([1 3],:),a(:,3)
a(:,3)=[]
a(1,$)=33
a(2,[$ $-1])
a(:,$+1)=[10;11;12]
//
w=ssrand(2,2,2);ssprint(w)
ssprint(w(:,1))
ss2tf(w(:,1)) 
//
l=list(1,2,3,4)
[a,b,c,d]=l(:)
l($+1)='new'
//
v=%t([1 1 1 1 1])
//
[x,y,z]=(1,2,3)

参照

  • colon — (:) コロン演算子
  • comma — (,) 列, 命令, 引数セパレータ
  • brackets — ([,]) 左および右括弧
  • list — Scilab オブジェクトおよびリスト関数定義
  • extraction — 行列およびリストのエントリの展開
  • insertion — 変数への部分的な代入または修正
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:16 CEST 2012