Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Scilab > Scilab keywords > dot

dot

(.) 記号

呼び出し手順

123.33
a.*b
[123,..
456]

説明

.

ドットは以下のように数字の小数点を示すために使用されます : 3.25 および 0.001

.<op>

は他の演算記号 (* / \ ^ ' )と組み合わせて別の演算子を作成するために 使用されます. 要素毎の複合演算子は.* , .^ , ./ , .\ または .'により 得られます. 例えば, C = A ./ B は c(i,j) = a(i,j)/b(i,j) を要素とする 行列となります. クロネッカー積は .*. と表記されます. ドットの後に数字が続く場合,このドットは数字の一部とみなされる ことに注意してください. このため, 2.*x は 2.0*x として評価され, 2 .*x は (2).*x として評価されます.

..

継続記号. 2つ以上の小数点が行の末尾(あるいはコメントの前)にあると, 次の行は継続されます.

継続行は, プリプロセッサにより処理され, 一連の継続行から一つの長い論理行が作成されます. このため,継続記号は,行を任意の点で分割するために使用することができます..

以下の関数 foo:

function 
  a=1
  disp(a),..
  disp('ok')
endfunction

は次の関数と等価です:

function 
  a=1

  disp(a),disp('ok') 
endfunction

物理行3行目と物理行4行目からなる論理行は 物理行4行目に全体が書かれ,物理行3行目が空の時と 同じとなります.このようなことが可能なのは, 継続記号を式の中の任意の場所に置く事ができるためです.

//decimal point
1.345

//used as part of an operator
x=[1 2 3];x.^2 .*x // a space is required between 2 and dot

// used to enter continuation lines
T=[123,..//first element
   456] //second one

a="here I start a very long string...  //but I'm not in the mood of continuing
     - and here I go on"
y=12..
45

参照

  • star — (*) 乗算演算子
  • hat — (^) 累乗
  • slash — (/) 右除算およびフィードバック
  • backslash — (\) 左行列除算.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:16 CEST 2012