Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > 3d_plot > param3d_プロパティ

param3d_プロパティ

3次元曲線エンティティのプロパティの説明

説明

Param3d エンティティはグラフィックエンティティ階層の葉です.

visible:

このフィールドは,このエンティティの visible プロパティを有します. "on" または "off" を指定してください. デフォルトで曲線は可視であり, このプロパティの値は"on"です. "off" の場合, 曲線は画面に描画されません.

data:

このフィールドは3次元曲線の座標を有します.これは, X(:,i), Y(:,i), Z(:,i)i番目の曲線の3次元座標を有するような 行列[X,Y,Z]です. このフィールドは,Segs, Arcs, Rectangle および Polylineオブジェクトの line_styleプロパティのデフォルト値を有します.

line_mode:

このフィールドは,polylineの line_modeプロパティのデフォルト値を 有します. この値は, "on"(線を描画) または "off" (線を描画しない)とします.

line_style:

このフィールドは,線を描画する際に使用される線の種類を選択します. この値は [0 6] の範囲の整数とします. 0 は実線,その他は破線を意味します ( getlinestyle 参照).

polyline_style:

このフィールドは曲線の描画方法を指定します: 補間 (デフォルト), 階段状, 棒グラフ, 矢印および塗りつぶしモードが 利用可能で,整数添字 [1:5] で指定します.

mark_mode:

このフィールドはmark_mode プロパティのデフォルト値を有します. 値には,"on" または "off" (デフォルト値)を 指定します.

mark_style:

このフィールドは,mark_style プロパティのデフォルト値を有します. mark_style は表示されるマーカの種類を選択します. この値には以下の意味を有する [0 9]の範囲の整数を指定します: ドット, プラス, 十字, 星, 塗りつぶした菱形, 菱形, 上向き三角形 ,下向き三角形, クローバー, 円. 以下の図はmark_style, mark_foreground および mark_background プロパティ に対応するマーカの形状を 示しています.

mark_size_unit:

このフィールドは,mark_size_unitプロパティのデフォルト値を 有します. mark_size_unit"point"が指定された場合, mark_sizeの値はポイント単位で直接的に指定されます. mark_size_unit"tabulated"が指定された場合, mark_size font size 配列に相対的に計算されます: この場合, 値は [0 5] の範囲の整数とする必要があります. それぞれは 8pt, 10pt, 12pt, 14pt, 18pt, 24pt を意味します. param3d および Scilabの組み込み関数では,tabulated がデフォルトであること に注意してください; plot関数を使用する際, point モードが自動的に有効になります.

mark_size:

このフィールドは,mark_size プロパティのデフォルト値を 有します.

mark_size は,表示されるマーカのフォントの大きさを指定します. 値には [0 5]の範囲の整数を指定します.これらはそれぞれ 8pt, 10pt, 12pt, 14pt, 18pt および 24pt を意味します(getmark参照).

mark_foreground:

このフィールドは,マーカの境界色となる mark_foregroundプロパティの値を有します. この値には(カレントの color_map に対応する)色添字を指定します.

mark_background:

このフィールドは,マーカの背景色となるmark_background プロパティの値を有します. この値には(カレントの color_map に対応する)色添字を指定します.

thickness:

このフィールドは,軸および曲線を描画する際に使用される 線のthicknessのデフォルト値を指定します.

foreground:

このフィールドは曲線を描画する際に使用される色添字を有します. この値には(カレントの color_map に対応する)色添字を指定します.

clip_state:

このフィールドはclip_stateプロパティのデフォルト値を有します. この値には以下を指定します:

  • "off" 全ての曲線が描画後にクリップされないことを意味します (デフォルト値).

  • "clipgrf" 全ての曲線が描画後にAxes境界の外側でクリップされることを意味します.

  • "on" 全ての曲線が描画後に clip_box プロパティにより指定される矩形の外側で クリップされることを意味します.

clip_box:

このフィールドはclip_boxプロパティのデフォルト値を指定します. この値は, clip_state が "off"の時は空の行列とする 必要があります.その他の場合, ベクトル [x,y,w,h] (左上の点 幅 高さ)によりクリッピング を指定します.

user_data:

このフィールドはparam3dデータ構造体に任意のScilab変数を 保存/取得する際に使用できます.

parent:

このプロパティは親のハンドルを有します. 3次元曲線エンティティの親は "Axes" または "Compound"型です.

a=get("current_axes");// 新規に作成された軸のハンドルを取得
t=[0:0.1:5*%pi]';
param3d1([sin(t),sin(2*t)],[cos(t),cos(2*t)],[t/10,sin(t)])

a.rotation_angles=[65,75]; 
a.data_bounds=[-1,-1,-1;1,1,2]; // data_boundsにより境界を指定
a.thickness = 2;
h=a.children // param3dエンティティ(2つの曲線から構成されるCompound)のハンドルを取得
h.children(1).foreground = 3 // 最初の曲線
curve2 = h.children(2);
curve2.foreground = 6;
curve2.mark_style = 2;

履歴

VersionDescription
5.4.0 line_style の値 0 は廃止されています.代わりに1を使用してください ( これらは等価でSOLIDです). Scilab 5.4.1以降,値0を使用するとエラーとなります.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:33 CEST 2012