Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > 3d_plot > geom3d

geom3d

3次元プロットの後に3次元から2次元へ投影する

呼び出し手順

[x,y]=geom3d(x1,y1,z1)

引数

x1,y1,z1

同じ大きさの実数ベクトル (3次元の点).

x,y

x1, y1 および z1と同じ 大きさの実数ベクトル.

説明

geom3dは, plot3d, plot3d1 または param3d のような3次元プロット関数の後に使用され, 3次元空間(x1(i),y1(i),z1(i)) における点と投影された二次元平面上の対応する点(x(i),y(i)) の間のマッピングを行ないます. この後,(x,y)に行う全ての2次元グラフィックプリミティブを この3次元プロット上への重ね合わせるために使用できます.

deff("[z]=surface(x,y)","z=sin(x)*cos(y)")
t=%pi*(-10:10)/10;
// 曲面の3次元プロット
fplot3d(t,t,surface,35,45,"X@Y@Z")
// ここで, (t,t,sin(t).*cos(t))は曲面上の曲線で,
// geom3d および xpolyにより描画される
[x,y]=geom3d(%pi/2,0,surface(%pi/2,0))
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:33 CEST 2012