Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Graphics > 3d_plot > param3d1

param3d1

パラメータ表現の曲線の3次元プロット

呼び出し手順

param3d1(x,y,z,[theta,alpha,leg,flag,ebox])
param3d1(x,y,list(z,colors),[theta,alpha,leg,flag,ebox])

引数

x,y,z

同じ大きさ (nl,nc)の曲線.

行列のi列目はi番目の曲線の座標に対応します. zの代わりに list(z,colors)により各曲線の色を 指定することができます. ただし,colors は大きさ nc のベクトルです. color(i)が負の場合,曲線はID abs(style(i))のマーカを用いてプロットされます; style(i) が正の場合, 色ID style(i) の実線または破線ID style(i)の破線が使用されます.

theta,alpha

観測点の球座標を指定する実数値(単位:度). デフォルト値はT 35 度および 45度です.

leg

各軸のラベルを定義する文字列. @ をフィールドセパレータとし, "X@Y@Z"のようになります.

flag=[type,box]

type および boxplot3dにおける意味と同じになります:

type

整数 (スケール).

type=0

プロットは (前のparam3d, plot3d, contour または plot3d1のコールで設定された) カレントの3次元スケールで行われます.

type=1

3次元ボックスのスケールがアスペクト比の最大値に基づき 自動的に調整され, 境界はオプションの引数eboxの値で 指定されます.

type=2

3次元ボックスのスケールがアスペクト比の最大値に基づき 自動的に調整され, 境界は指令したデータにより計算されます. これがデフォルト値です.

type=3

オプションeboxで指定したボックス境界を有する 3次元等軸プロットで,type=1に似ています.

type=4

データで定義された境界に基づく3次元等軸プロットで, type=2に似ています.

type=5

オプションeboxで指定されたボックス境界で 定義された境界に基づく3次元拡張等軸プロットで, type=1に似ています.

type=6

データで定義された境界に基づく3次元拡張等軸プロットで, type=2に似ています. 軸の境界は axes エンティティプロパティによりカスタマイズできる ことに注意してください(axes_properties参照).

box

整数 (プロットの周囲のフレーム).

box=0

プロットの周囲に何も描画されませ.

box=1

実装されていません (box=0と同様).

box=2

曲面の背後の軸のみが描画されます.

box=3

曲面を囲うボックスが描画され,キャプションが追加されます.

box=4

曲面を囲うボックスが描画され,キャプションと軸が追加されます. 軸のアスペクトもaxesエンティティのプロパティによりカスタマイズ できることに注意してください (axes_properties参照). これがデフォルト値です.

ebox

プロットの境界をベクトル [xmin,xmax,ymin,ymax,zmin,zmax]で指定します. この引数は,flagtype1, 3 または 5に設定された場合, 使用されます (対応する動作については上記参照). flag が指定されない場合 ebox は無視されます. 指定された場合, ebox引数は, data_boundsに基づいて動作し, axesエンティティのプロパティ (axes_properties参照) によりリセットすることも可能であることに 注意してください. eboxのデフォルト値は [0,1,0,1,0,1]です.

説明

param3d1 は座標 x, y および zで定義される3次元曲線をプロットする際に使用されます. データは surface エンティティのプロパティにより取得または修正できることに 注意してください (surface_propertiesを参照ください).

プロットされる曲線の rotation angles, colors および thickness のような プロパティも polyline エンティティプロパティにより取得または修正することが できます (polyline_properties参照).

コマンド param3d1() を入力するとデモを参照できます.

xset('window',20) // ウインドウ番号 20を作成
t=[0:0.1:5*%pi]';
param3d1([sin(t),sin(2*t)],[cos(t),cos(2*t)],..
         list([t/10,sin(t)],[3,2]),35,45,"X@Y@Z",[2,3])

xdel(20);
a=get("current_axes");//新規に作成された軸のハンドルを取得
t=[0:0.1:5*%pi]';
param3d1([sin(t),sin(2*t)],[cos(t),cos(2*t)],[t/10,sin(t)])
a.rotation_angles=[65,75]; 
a.data_bounds=[-1,-1,-1;1,1,2]; //data_boundsにより指定された境界
a.thickness = 2;
h=a.children //param3dエンティティのハンドルを取得: 2つの曲線からなるCompound
h.children(1).foreground = 3 // 最初の曲線
curve2 = h.children(2);
curve2.foreground = 6;
curve2.mark_style = 2;

参照

  • param3d — パラメータ表現の曲線の3次元プロット
  • plot3d — 曲面の3次元プロット
  • plot2d — 2Dプロット
  • gca — カレントの軸のハンドルを返す.
  • xdel — グラフィックウインドウを削除する
  • delete — グラフィックエンティティとその子を削除.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:33 CEST 2012