Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > rubberbox

rubberbox

矩形選択用の輪ゴムボックス

呼び出し手順

[final_rect,btn]=rubberbox()
[final_rect,btn]=rubberbox(initial_rect)
[final_rect,btn]=rubberbox(edition_mode)
[final_rect,btn]=rubberbox(initial_rect, edition_mode)

Pパラメータ

initial_rect

2個または4個のエントリを有するベクトル.4個のエントリを有する場合, [x_left, y_top, width, height]で定義される初期矩形を指定し, 2個のエントリを有する場合, 幅と高さは0と仮定されます.

edition_mode

論理値, edition_mode が%tの場合, ボタンを押すと最初の角が選択され,開放すると反対の角が選択されます. edition_mode が%fの場合, ボタンを押すか クリックすると最初の角,クリックすると反対の角が選択されます. デフォルトは %f です.

final_rect

[x_left, y_top, width, height]で定義された矩形

btn

整数, マウスボタンがクリックされた回数

説明

rubberbox(initial_rect) はマウスに基づき カレントのグラフィックウインドウ内で輪ゴムボックスを 追跡します. ボタンがクリックされると, rubberboxfinal_Rectで定義された最後の矩形を返します 引数initial_rectが指定されない場合, 最初の角の位置を固定するためのクリックが必要です.

xsetech(frect=[0,0,100,100])
[x,y]=xclick();r=rubberbox([x;y;30;10])
xrect(r)
r=rubberbox()

参照

  • xrect — 矩形を描画する
  • xrects — 一連の矩形を描画または塗りつぶす
  • xclick — マウスクリップを待つ.
  • xgetmouse — マウスのイベントおよびカレントの位置を取得する
  • dragrect — マウスで矩形をドラッグ
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011