Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > xchange

xchange

実座標をピクセル座標に変換する

呼び出し手順

[x1,y1,rect]=xchange(x,y,dir)

パラメータ

x,y

大きさ(n1,n2) (点の集合の座標)の行列.

dir

変換の種類を指定するパラメータ (詳細は "説明" 参照)

x1,y1

t大きさ (n1,n2) (点の集合の座標)の行列.

rect

大きさ 4のベクトル.

説明

グラフィック関数を使用した後, xchangeは,パラメータ dirの値に基づき, 実座標からピクセル座標への変換またはその逆変換を計算します: "f2i" (float to int) は実座標からピクセルを意味し, "i2f" (int to float) はピクセルから実座標を意味します. x1 および y1は 古い座標 xyにより 定義される一連の点の新しい座標です.

rect は プロットが行われる矩形のピクセル単位の座標です: [左上の点, 幅, 高さ].

t=[0:0.1:2*%pi]';
plot2d(t,sin(t))
[x,y,rect]=xchange(1,1,"f2i")
[x,y,rect]=xchange(0,0,"i2f")

作者

J.Ph.C.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011