Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Graphics > geometric_shapes > xarrows

xarrows

2Dまたは3Dで矢印を描画

呼び出し手順

xarrows(nx, ny [,nz] [,arsize, color])

引数

nx, ny, nz

同じ大きさの実数のベクトルまたは行列.

arsize

実数スカラー, 矢じりの大きさ. デフォルト値は arsize を -1 に設定することにより得られます.

color

行列またはスカラー. colorが正のスカラーの場合, この値は全ての矢印に使用される色を指定します. 負のスカラーの場合,カレントの色が使用されます. ベクトルの場合,color(i)i番目の 矢印に使用される色を指定します.

説明

xarrowsnx, nyおよび nzにより指定される矢印の集合を描画します. nzが指定されない場合, 2Dで矢印を描画します. nx, nyおよびnz がベクトルの場合,i番目の矢印は (nx(i),ny(i),nz(i))-->(nx(i+1),ny(i+1),nz(i+1)) により定義されます. nx および ny が行列の場合:

nx=[xi_1 x1_2 ...; xf_1 xf_2 ...]

ny=[yi_1 y1_2 ...; yf_1 yf_2 ...]

nz=[zi_1 z1_2 ...; zf_1 zf_2 ...]

k番目の矢印は, (xi_k,yi_k,zi_k)-->(xf_k,yf_k,zf_k) により定義されます.

xarrowsは, plot2dのような高レベル関数をコールすることにより 設定可能なカレントのグラフィックスケールを使用します.

x = 2*%pi*(0:7)/8

x1 = [sin(x); 9*sin(x)];

y1 = [cos(x); 9*cos(x)];

plot2d([-10,10], [-10,10], [-1,-1], "022")

gca().clip_state = "clipgrf";

xarrows(x1, y1, -1, [1:7,9]) //8番目の色は白

gca().clip_state = "off";
N = 100;

zi = linspace(-1,2,N);

zf = zi;

theta = (zi - min(zi))/(max(zi)-min(zi))*720;

xi = zeros(1,N);  xf = cosd(theta);

yi = zeros(1,N);  yf = sind(theta);

clf, plot3d([-1 1 1 1],[-1 -1 -1 1],[-1 -1 2 2])

xarrows([xi;xf],[yi;yf],[zi;zf],0.7, 32*rand(1,N))

履歴

バージョン記述
5.5.0 矢印を3次元で描画できるようになりました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:15 CET 2019