Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Graphics > geometric_shapes > xsegs

xsegs

接続されていない線分を描画

呼び出し手順

xsegs(xv, yv, [style])

xsegs(xv, yv, zv,[style])

引数

xv, yv, zv

同じ大きさの行列. zvが指定されない場合, ゼロベクトルを使用します.

style

ベクトルまたはスカラー. styleが正のスカラーの場合, 全ての線分で使用される色を指定します. styleが負のスカラーの場合 , カレントの色が使用されます. styleがベクトルの場合, style(i) は線分iに関する 色を指定します.

説明

xsegs は, xv, yv および zv で指定した接続されていない一連の線分を描画します. xv, yv および zv が行列の場合,列を結合したベクトルとみなされます. ある線分を定義する2つ点の座標は, xv, yv および zv の連続する2つの値で指定されます:

(xv(i),yv(i),zv(i))-->(xv(i+1),yv(i+1),zv(i+1)).

例えば, 大きさ (2,n)の行列の場合, 線分は以下のように定義されます:

xv=[xi_1 xi_2 ...; xf_1 xf_2...]

yv=[yi_1 yi_2 ...; yf_1 yf_2...]

zv=[zi_1 zi_2 ...; zf_1 zf_2...]

そして,線分は (xi_k,yi_k,zi_k)-->(xf_k,yf_k,zf_k)となります.

// 2次元の例

x=2*%pi*(0:9)/10;

xv=[sin(x);9*sin(x)];

yv=[cos(x);9*cos(x)];

plot2d([-10,10],[-10,10],[-1,-1],"022")

xsegs(xv,yv,1:10)
// 2次元の例

plot2d([-10,10],[-10,10],[-1,-1],"022")

xsegs([9, -9],[9 , -9]) //  X(9,9) から Y(-9, -9) に線を引く

xsegs([5, -2],[4 , -1]) //  X(5,4) から Y(-2, -1) に線を引く
// 3次元の例

clf();

a=gca();

a.view="3d";

f=gcf();

f.color_map=rainbowcolormap(120);

alpha=2*%pi*(0:119)/40;

xv=[sin(alpha)/2;sin(alpha)/3];

yv=[cos(alpha)/2;cos(alpha)/3];

zv=[alpha/8;alpha/8];

xsegs(xv,yv,zv,1:120);

// Now adjust the data_bounds

a.data_bounds = [min(xv) min(yv) min(zv); ...

                 max(xv) max(yv) max(zv)];

// 矢印を各線分に追加できます

e = gce();

e.arrow_size = 0.4;
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:15 CET 2019