Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Elementary Functions > Trigonometry > csc

csc

引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する.

呼出し手順

y = csc(x)

引数

x

実数または複素数の配列.

y

xと同じ次元の実数または複素数の配列.

説明

引数の要素毎のコセカント(余割)を計算します. コセカント(余割)は 1/\sin(x)で定義される周期関数です. 実数のデータの場合,結果は ]-\infty -1] \cup [1 \infty[の範囲の実数となります.

サンプル

x=linspace(0.01,%pi-0.01,200)
clf();
plot(-x,csc(-x),x,csc(x))

参照

  • cscd — 度単位で指定した引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する
  • acscd — 引数の逆余割を要素毎に計算し,結果を度単位で返す.
  • acsc — 引数の逆余割を要素毎に計算する.
  • sec — 引数の割線を要素毎に計算する.
  • secd — 要素毎の割線(引数の単位:度)
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:07 CET 2019