Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > 2d_plot > Matplot_properties

Matplot_properties

Matplotエンティティプロパティの説明

説明

Matplotエンティティはグラフィックエンティティ階層の葉です. このエンティティは,曲面および画像の2次元プロットを表します (Matplot および Matplot1参照).

parent

このプロパティは親のハンドルを有します. Matplotエンティティの親は "Axes"型となります.

children

このプロパティにはハンドルのchildren のベクトルが含まれます. しかし,現在,Matplotにはchildren がありません.

visible

このフィールドにはエンティティのvisible プロパティの値が含まれます. この値は,"on" または "off" となります. デフォルトでプロットは可視であり,このプロパティの値は "on"となります. "off"の場合,プロットは 画面に描画されません.

data

このフィールドは[mxn]のデータ行列 colorをカレントのカラーマップに基づき定義します. 位置(x=j,y=(m-i+1))を中心とする長さ1の小さな正方形を 描画する際にはcolor(i,j)が指す色が使用されます.

rect

このフィールドは[xmin, ymin, xmax, ymax]で 定義される行ベクトルを保持します. このフィールドはカレントのスケールで矩形を定義し, この矩形内に行列が描画されます.

image_type

このフィールドは画像の型を定義します. 値は以下のどれかを指定します: "index", "gray", "rgb", "rgba", "argb", "red", "green", "blue", "rgb332", "rgb444", "rgb555", "rgb4444", "rgb5551".

色はデータ型と image_type により以下のように定義されます:

  • image_type が index の場合, データはカラーマップの添字とみなされます.

  • image_typeがgrayの場合, int8またはuint8の行列は グレーレベルカラー(R-G-B=GRAY-GRAY-GRAY)となります. その他の型の場合, data はRGBカラーとみなされ, グレーカラーに変換されます (0.299*R+0.587*G+0.114*B).

  • image_typeがrgbの場合, int8またはuint8のハイパー行列はRGB要素, doubleのハイパー行列は正規化されたRGB要素(値は0と1の間), int8またはuint8の行列(ただし,行数は3の倍数)はRGB要素, int32の行列はRGBカラー, uint32の行列はRGBAカラー(ただし,アルファチャネルは0xFFに設定) を指定します.

  • image_typeがrgbaの場合, int8またはuint8のハイパー行列はRGBA要素, doubleのハイパー行列は正規化されたRGBA要素(値は0と1の間), int8またはuint8の行列(ただし,行数は4の倍数)はRGBA要素, int32の行列はRGBAカラー,uint32の行列はRGBAカラー を指定します.

  • image_typeがargbの場合, int8 または uint8 のハイパー行列は ARGB要素, doubleのハイパー行列は正規化されたARGB要素(値は0と1の間), int8またはuint8の行列(ただし行数は4の倍数)はRGB要素, int32の行列はARGBカラー,uint32の行列はARGBカラーを指定します.

  • image_typeがredの場合, int8またはuint8の行列は レッドレベルカラー(R-G-B=REG-00-00)となります. その他の型の場合, data はRGBカラーとみなされ, レッドカラーに変換されます(赤要素を保持するマスクが適用されます).

  • image_typeがgreenの場合, int8またはuint8の行列は グリーンレベルカラー(R-G-B=00-GREEN-00)となります. その他の型の場合, data はRGBカラーとみなされ, グリーンカラーに変換されます(緑要素を保持するマスクが適用されます).

  • image_typeがblueの場合, int8またはuint8の行列は ブルーレベルカラー(R-G-B=00-00-BLUE)となります. その他の型の場合, data はRGBカラーとみなされ, ブルーカラーに変換されます(青要素を保持するマスクが適用されます).

  • image_typeがrgb332の場合, int8 または uint8 の行列は RGBカラーを指定します. ただし,R要素を3ビット,G要素を3ビット,B要素を2ビットで指定します. その他のデータ型の場合, RGB (8-8-8) データが RGB (3-3-2)に変換されます.

  • image_typeがrgb444の場合, int8 または uint8 の行列は RGBカラーを指定します. ただし,各要素は4ビットです. その他のデータ型の場合, RGB (8-8-8) データが RGB (4-4-4)に変換されます.

  • image_typeがrgb555の場合, int16 または uint16 の行列は RGBカラーを指定します. ただし,各要素は5ビットです. その他のデータ型の場合, RGB (8-8-8) データが RGB (5-5-5)に変換されます.

  • image_typeがrgb4444の場合, int16 または uint16 の行列は RGBAカラーを指定します. ただし,各要素は4ビットです. その他のデータ型の場合, RGBA (8-8-8-8) データが RGBA (4-4-4-4)に変換されます.

  • image_typeがrgb5551の場合, int16 または uint16 の行列は RGBAカラーを指定します. ただし,アルファチャネル以外の要素は5ビット, アルファチャネルは1ビットです. その他のデータ型の場合, RGBA (8-8-8-8) データが RGBA (5-5-5-1)に変換されます.

clip_state

このフィールドにはMatplotのclip_state プロパティの値が含まれます. 値は以下となります :

  • "off" Matplot はクリップされません.

  • "clipgrf" Matplot は軸ボックスの外側でクリップされます.

  • "on" Matplot はclip_box で指定された矩形の外側でクリップされます.

clip_box

このフィールドはclip_boxプロパティを定義します. デフォルトで,この値はclip_stateが"off"の場合に空の行列となります. その他の場合,ベクトル[x,y,w,h] (左上の点,幅,高さ)がMatplot が表示する範囲を定義しますが, clip_stateプロパティの値は変更されません.

user_data

このフィールドは任意のScilab変数をMatplot データ構造体に保存し,復元する際に使用可能です.

tag

Single text that can be used as identifier/name of the Matplot object. findobj("tag", tag_value) will then return its full graphic handle.

nbcolors = size(gcf().color_map, 1);
Matplot(1:nbcolors)
e = gce(); // カレントのエンティティを取得
e.data = e.data($:-1:1) // 逆順

参照

  • Matplot — 行列のカラー二次元プロット
  • Matplot1 — 行列の2次元カラープロット
  • grayplot — 曲面の2次元カラープロット
  • grayplot_properties — grayplotエンティティのプロパティの説明
  • xrects — 一連の矩形を描画または塗りつぶす
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明

履歴

バージョン記述
5.5.0
  • プロパティ image_typeが導入されました.
  • プロパティ rectが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017