Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > 2d_plot > fplot2d

fplot2d

関数で定義された曲線の二次元プロット

呼び出し手順

fplot2d(xr,f,[style,strf,leg,rect,nax])

fplot2d(xr,f,<opt_args>)

引数

xr

ベクトル.

f

y=f(x)型の外部ルーチン. すなわち,scilab関数または 文字列として参照された動的にリンクされるルーチン.

style,strf,leg,rect,nax

plot2d参照

<opt_args>

plot2d参照

説明

fplot2d は外部関数f で定義された曲線をプロットします. 曲線は点(xr(i),f(xr(i))により 区分線形補間で近似されます. f(x)の値はfeval(xr,f)により取得されます.

コマンド fplot2d() を入力すると,デモが表示されます.

サンプル

deff("[y]=f(x)","y=sin(x)+cos(x)")

x=[0:0.1:10]*%pi/10;

fplot2d(x,f)

clf();

fplot2d(1:10,'parab')
clf();

deff("[y]=f(x)","y=sin(x)+cos(x)")

x=[0:0.1:10]*%pi/10;

fplot2d(x,f)

fplot2d(1:10,'parab')

参照

  • plot2d — 2Dプロット
  • feval — 関数(または外部ルーチン)を評価する
  • paramfplot2d — 関数で定義された曲線の2次元アニメーションプロット
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017