Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Statistics > Descriptive Statistics > stdev

stdev

ベクトル/行列エントリの標準偏差 (行または列毎)

呼び出し手順

y = stdev(x)
y = stdev(x, '*')
y = stdev(x, 'r')
y = stdev(x, 'c')
y = stdev(x, orien, m)

引数

x, y

実数のベクトル, 行列またはハイパー行列

y

実数のベクトル, 行列またはハイパー行列

orien

文字列スカラーまたは正の整数であり, "*", "r" (または1)または "c" (または 2)を指定可能

m

実数のスカラー, ベクトルまたはハイパー行列, 先験平均

説明

stdev は "標本" 標準偏差を計算します. この値は, Nを数列長としてN-1で正規化されます. m が指定された場合, stdevmで定義された先験平均を用いて (Nにより正規化された)平均二乗偏差を計算します.

xがベクトルまたは行列の場合, y=stdev(x) は スカラーyxの全エントリの 標準偏差を返します.

y=stdev(x,'r') (または, 等価的に, y=stdev(x,1)) は行毎の標準偏差です. これは,行ベクトルyの各エントリに xの各列の標準偏差を返します.

y=stdev(x,'c') (または, 等価的に, y=stdev(x,2)) は列毎の標準偏差です. これは,行ベクトルyの各エントリに xの各行の標準偏差を返します.

拡張表現として,正の整数nを指定してy=stdev(x,n)と すると,n番目の次元に沿った 標準偏差を返します. n>ndims(x)の場合, stdev(x,n)zeros(x)を返します.

m がスカラーの場合, n番目の次元方向が mean(x) の大きさに一致するように拡張されます.

A = [1 2 10; 7 7.1 7.01];
stdev(A)
stdev(A, 'r')
stdev(A, 'c')
stdev(A, 'c', mean(A,'c'))
stdev(A, 'c', 1)

参照

  • nanstdev — 標準偏差 (NaNを無視).
  • stdevf — 標準偏差
  • sum — 配列要素の合計
  • median — ベクトル/行列/配列の要素の中央値 (行単位の中央値, 列単位の中央値,...)
  • mean — ベクトル/行列の要素の平均 (行平均, 列平均)

履歴

バージョン記述
5.5.0 mにより定義された 先験平均を用いて平均二乗偏差を計算できるようになりました
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:03 CEST 2015