Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Functions > tree2code

tree2code

Scilab関数のアスキー定義を生成する

呼び出し手順

txt = tree2code(tree, prettyprint)

引数

tree

マクロツリー (macr2treeの出力)

prettyprint

オプションの論理値

%T

生成されるコードはインデント,整形されます

%F

生成されるコードは整形されません (デフォルト)

txt

文字列の列ベクトルで, Scilab命令を指定するテキスト

説明

読み込まれたScilab関数 "ツリー" (macr2treeの出力)を 指定することで, tree2code によりコードを再生成することができます.

tree=macr2tree(cosh);
txt=tree2code(tree,%T);
write(%io(2),txt,'(a)');

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:35 CEST 2014