Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Sound file handling > sound

sound

サウンドプレイヤー機能

呼び出し手順

sound(y [,fs,bits,command)

引数

y

実数ベクトル

fs

実数, サンプリング周波数(単位:サンプル/秒) (デフォルト値は 22050)

bits

実数, ビット数(未使用)

command

Unixシステムでのみ使用され, サウンド(wav)ファイルを演奏する際に使用される コマンドの名前を指定します. デフォルト値はaplayです. /dev/audioを指定した場合, 8ビットmu-law raw サウンドファイルが作成され, /dev/audioに送信されます.

説明

sound(y,fs)は,行列y (サンプリング周波数fs)で指定されたサウンド信号を演奏します. 実際には,この関数は playsndのラッパーです. yの値は範囲-1.0 <= y <= 1.0にあると仮定されます. この範囲の外側の値は丸められます. y の行数はチャネル数を指定します. sound(y) は,デフォルトのサンプリング・レート 22050 サンプル/秒でサウンドを演奏します. sound(y,fs,nbits) は, 可能な場合(この機能は未使用), nbits ビット/サンプルでサウンドを演奏します. 多くのプラットフォームは8または16ビットをサポートします.

// 2チャンネル信号
y=loadwave("SCI/modules/sound/demos/chimes.wav");
sound(y)

参照

  • playsnd — サウンドプレイヤー機能
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:25 CEST 2014