Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Strings > length

length

オブジェクトの長さ

呼び出し手順

n=length(M)

引数

M

行列 (通常または多項式または文字列) または リスト

n

整数または整数行列

説明

通常または多項式の行列の場合, nMの行の数に列の数を乗じた整数になります. (Mが論理値行列の場合にも有効)

文字列からなる行列の場合 (および部分的に文字列の場合) lengthは, 文字列の行列Mのエントリの長さを nに返します.

リストの長さはリストの中の要素の長さです (sizeでも出力されます).

mlistのlengthはデフォルトでmlistの要素数ですが, オーバーロードすることができます(例参照). 文字列でないハイパー行列は, 関数をオーバーロードする必要がないことに注意してください. さもなくば,lengthは ハイパー行列の次元の積を返します.

length('123')3となります. length([1,2;3,4])4となります.

警告 : 疎行列のlengthは, 行列の最大次元を返し,次元の積ではありません. (例えば: length(sparse(eye(12,2)))は, 24)ではなくmax(12,2) を返します. 疎行列の場合は size(...,'*')を使用してください.

length([123 ; 456 ])
length(['hello world',SCI])
length(rand(2,2,2))
a = mlist(["myMlistT" "field1" "field2"],"aexample","bexampleb");
length(a)
// lengthがmlistにオーバーロードされたいない場合のデフォルトの動作は3を返す
// mlist型myMlistTのオーバーロード関数を作成
function r=%myMlistT_length(M)
    r = length(M.field1)
endfunction
length(a)
// length(a.field1)の結果8を返す

参照

  • size — オブジェクトの大きさ

履歴

バージョン記述
5.4.0 この関数によりmlist型のオーバーロードが可能となりました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:25 CEST 2014