Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Elementary Functions > isrow

isrow

変数が行ベクトルかどうか確認する

呼び出し手順

t=isrow(x)

引数

x

スカラー,ベクトル, 行列, ハイパー行列, リスト, 構造体の配列またはセル

t

論理値

説明

isrow(x) は, xが行ベクトルの場合にtrueを返します. スカラーは行ベクトルとみなされます. ハイパー行列は,最後の次元以外が1である場合にのみ 行ベクトルとみなされます. isrow([])はfalseを返すことに注意してください.

isrow(ones(1,10))
isrow(1)
isrow(["s" "t" "u"])
isrow(rand(1,1,3))
isrow(rand(2,1,1))
s = struct();
isrow(s) // 空の構造体
clear s
s.a = %z;
s.b = 2;
isrow(s) // 構造体のスカラー配列
clear s
s(1,2).a = 3;
s(1,3).b = %z;
isrow(s) // 構造体の行配列
clear s
s(1,2).a = -2; 
s(3,1).b = %pi;
isrow(s) // 構造体の二次元配列
clear s
s(1,1,2).a = 3;
s(1,1,3).b = "test";
isrow(s) // 構造体の3次元配列 (要素1の次元が2つ)

参照

  • isscalar — 変数がスカラーかどうかを確認.
  • iscolumn — 変数が列ベクトルであるかを確認
  • ismatrix — 変数が行列かどうかを確認
  • issquare — 変数が正方行列かどうかを確認
  • isempty — 変数が空の行列または空のリストかどうかを調べる

履歴

バージョン記述
5.5.0 関数isrowが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:22 CEST 2014