Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Xcos > Batch functions > scicosim

scicosim

xcos (バッチ) シミュレーション関数

呼び出し手順

[state,t] = scicosim(state,tcur,tf,sim,str,tol)

モジュール

説明

コンパイル済みのxcosダイアグラム用のシミュレータ.

通常,scicosimはダイアグラムのシミュレーションを実行する際にxcosによりコールされます.

しかし,scicosimはxcosの外でもコールすることができます. このような使用法の典型的な例は,以下のようになります :

上級ユーザは,パラメータまたは状態変数を"手動で"変更することができます.

[state,t] = scicosim(state,tcur,tf,sim,str,tol)

パラメータ

  • state : 状態変数の初期値を含む Scilab tlist. 通常, xcosコンパイルにより生成されます. コンパイル済みの.cosファイルがロードされた後は,%cpr.state から参照できます.

  • tcur : シミュレーションの開始時間. 開始時にはゼロにします.

  • tf : シミュレーションの終了時間.

  • sim : コンパイル結果を有するScilab tlist. 通常は, xcos Compile により生成されます. コンパイル済みの.cosファイルがロードされた後は,%cpr.sim から参照できます.

  • str : 'start' , 'run' または 'finish'. 関数はまず 'start' を指定してコールされた後, 1回または複数回 'run' を指定してコールされ,最後に 'finish' を指定してコールされます.

  • tol : ベクトル [atol,rtol,ttol,deltat,realtimescale,solver,hmax] , ただし, atol, rtol はそれぞれ ODEおよび DAEソルバの絶対および相対許容誤差で, ttol はイベントの精度(非常に小さな数値とします), deltat はODEソルバの各コールにおける最大積分間隔(ソルバのコールを強制的に再開することが 必要となる場合があります), realtimescale はシミュレーション時間と実時間の間の対応度 (0は低速にしないことを意味します), solver は選択するソルバ (0: lsodar, 100: daskr), hmax: ソルバにより使用される最大ステップの大きさです. デフォルト: [0.0001,1.000E-06,1.000E-10,100001,0,0]

  • state : シミュレーション後の状態変数

  • t: 最終的に到達した時間. 通常は tf ですが, 常にそうなるわけではありません.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012