Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Data Structures > hypermat

hypermat

N 次元行列を初期化する

呼び出し手順

M=hypermat(dims [,v])

パラメータ

dims

ハイパー行列の次元のベクトル

v

ハイパー行列のエントリのベクトル (デフォルト値: zeros(prod(dims),1))

説明

次元をベクトル dims ,要素をオプション引数v で指定してハイパー行列を初期化します.

データ構造体 M には,行列次元のベクトルM('dims')および エントリのベクトルM('entries') が含まれています. このエントリのベクトルでは, [M(1,1,..);..;M(n1,1,..);...;M(1,n2,..);..;M(n1,n2,..);...] のように最も左のサブスクリプトがまず変化します.

M=hypermat([2 3 2 2],1:24)

参照

  • hypermatrices — Scilab オブジェクト, Scilabの N 次元行列
  • zeros — ゼロからなる行列
  • ones — 要素が1の行列
  • grand — 乱数生成器
  • matrix — ベクトルまたは行列を異なる大きさの行列に成形する
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012