Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Data Structures > tlist

tlist

Scilab オブジェクトおよび型付のリスト定義.

呼び出し手順

tlist(typ,a1,....an )

パラメータ

typ

文字列または文字列のベクトル

ai

Scilabオブジェクト (行列, リスト,文字列...).

説明

要素aiを有する 型付のリスト を作成します. typ引数はリストの型を指定する引数です. この 型付のリスト により ユーザはScilab関数によりこれらのオブジェクトで動作する 新しい処理を定義できるようになります. 型付のリストリスト の唯一の差は型の値(15ではなく16)です.

typ(1) はリストの型を指定します (ソフトコードされた処理を定義するために使用される文字列)

typ(i) が指定された場合, i+1番目の形式要素の名前を指定します.

リストにおける標準処理は 型付リストでも類似性があります:

展開 : [x,y,z...]=l(v) ただし v は添え字のベクトルです; [x,y,z]=l(:) は全ての要素を展開します.

挿入 : l(i)=a

削除 : l(i)=null()tlist lの i番目の要素を削除します.

表示

更にtyp(2:n+1) が指定された場合, ユーザは名前で要素を指定することができます

以下に tlist の使用例を示します.

線形システムは,特定の型付リストで表されます. 例えば,線形システム [A,B,C,D]は tlist Sys=tlist(['lss';'A';'B';'C';'D';'X0';'dt'],A,B,C,D,x0,'c') で表されこの特別のリストは関数syslinにより 作成することが可能です.

Sys(2), Sys('A') または Sys.A は状態行列で, Sys('dt') または Sys.dt は 時間領域です

有理行列 H型付リスト H=rlist(Num,Den,[]) により表されます. ただし,Num および Den は多項式行列です. 伝達関数行列 H を有する(連続時間)線形システムは syslin('c',H)で作成できます.

H(2), H('num') または H.num は伝達関数行列の分子です.

// tlist creation
t = tlist(["listtype","field1","field2"], [], []);
t.field1(1) = 10;
t.field1(2) = 20;
t.field2(1) = "Scilab";
t.field2(2) = "tlist";
t.field2(3) = "example";

// Fields contents display
disp(t.field1)
disp(t.field2)

// Generic tlist display
disp(t)

// Overloading display for this type of tlist
function %listtype_p(mytlist)
  f = fieldnames(mytlist);

  // typeof(mytlist) <=> f(1)
  mprintf("Displaying a tlist of type: %s\n", typeof(mytlist));

  mprintf("\n");

  mprintf("-- Field ''%s'' --\n", f(1));
  mprintf("Contents: %s\n", sci2exp(mytlist(f(1))));

  mprintf("\n");

  mprintf("-- Field ''%s'' --\n", f(2));
  mprintf("Contents: %s\n", sci2exp(mytlist(f(2))));
endfunction

// Display using overloading function
disp(t)

参照

  • null — リストの要素を削除する
  • percent — (%) 特殊文字
  • syslin — 線形システムを定義する
  • list — Scilab オブジェクトおよびリスト関数定義
  • mlist — Scilab オブジェクト, 型付リスト定義に向いた行列.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012