Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > Datatips > datatipSetStyle

datatipSetStyle

指定したポリラインのデータティップのティップ形式を設定.

呼び出し手順

datatipSetStyle(curve_handle)
datatipSetStyle(curve_handle,t [,boxed [,labeled]])

引数

curve_handle

ポリラインのハンドル.

t

使用可能な値は 1または2です.省略時は 選択用ポップアップが開きます.

boxed

論理値, デフォルト値は %tです.

labeled

論理値, デフォルト値は %tです.

説明

データティップのポリライン用のマーカは以下の2種類です:

- 四角, ティップポイントを中心とする.

- ティップ点の接線に沿って描画された矢印. 矢じりはティップ点上にあります.

boxedオプションが選択された場合, データティップに関するテキストは 箱付きの領域に書きこまれます.

x=linspace(-20,20,1000);
clf();plot(x,sinc(x),x,sinc(x^2));
e=gce();e=e.children;
function str=mydisplay(curve, pt, index),str=msprintf('%0.2g', pt(1)),endfunction
datatipSetDisplay(e(1),mydisplay) 
datatipSetStyle(e(1),2,%f) 
d1=datatipCreate(e(1),540);

datatipSetStyle(e(2),1,%t) 
d2=datatipCreate(e(2),200);

参照

  • datatips — プロットされた曲線に情報(tips)を配置,編集するためのツール.
  • datatipCreate — プログラムによりポリラインのデータ情報を作成する
  • datatipInitStruct — 指定したポリラインに関するdatatip構造体を初期化する.

履歴

VersionDescription
5.4.0 関数datatipSetStyleが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:35 CEST 2012