Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Output functions > msprintf

msprintf

データを変換,整形し,文字列に書き込む

呼び出し手順

str=msprintf(format,a1,...,an);

パラメータ

format

残りのオペランドを書き込む際に使用される フォーマット定義するSclab文字列.

str

文字列.

a1,...,an

S formatパラメータに基づき変換,出力されるデータを定義します.

説明

msprintfは,整形されたオペランドを その戻り値(Scilab文字列)に書き込みます. argumentオペランドはformatオペランドの制御の下で 整形されます.

この場合,エスケープシーケンス("\n") は 文字列を文字列の行列に分割することに注意してください (例を参照)

msprintf('%5.3f %5.3f',123,0.732)
msprintf('%5.3f\n%5.3f',123,0.732)
msprintf('--%s-\n-%d--',"hello",3)

参照

  • mprintf — 変換, 整形し, Scilab主ウインドウにデータを書き込む
  • printf_conversion — mprintf, msprintf, mfprintf 変換仕様
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012