Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Output functions > prettyprint

prettyprint

Scilabデータ型からTeX, LaTeXまたはMathML形式の出力を得る

呼び出し手順

str = prettyprint(a) // デフォルト形式 (LaTeX)で変数を表示
str = prettyprint(a, exportFormat) // 指定された形式で変数を表示
str = prettyprint(a, exportFormat, delim) // 上と同様ですが,デリミタを変更
str = prettyprint(a, exportFormat, delim, processByElement) // 上と同様ですが,各要素を独立に処理
str = prettyprint(a, exportFormat, delim, processByElement, isWrapped) // 上と同様ですが,TeXまたはLaTeXエクスポートのspecialキーワードを追加

Pパラメータ

a

Scilab変数

exportFormat

出力形式で,省略された場合はデフォルトで'latex'が使用されます. 'latex', 'tex' または 'mathml'とすることができます.

delimiter

結果の行列で使用されるデリミタを示す文字列で, isWrappedがtrueの場合にみ使用されます. デリミタは '(', '{', '[', '|', '||' または ')' とすることができます

processByElement

結果の行列が一つの文字列に変換されるかどうかを設定する論理値.

isWrapped

xstring または xtitleで使用される際, 結果がデリミタ(latexおよびtexの場合は'$',mathmlの場合はなし)で 括られるかどうかを設定する論理値.

str

変数aの表現

説明

変数を指定すると, prettyprint 関数はこれを整形した結果を出力します. 形式はTeX, LaTeX または MathMLです. これらはサードパーティアプリケーションだけでなく, Scilab内でも多くの Scilabグラフィック機能で 使用できます. 以下の型がこの関数で処理できます:

  • 実数 / 複素数行列

  • 多項式型

  • 論理値

  • 整数

  • 文字列

  • tlist

  • 有理数

  • セル

str = prettyprint(rand(3,3)) // 3x3 行列のLaTeX表現を返す
xstring(0.2,0.2,str) // グラフィックウインドウに表示

prettyprint(rand(3,4),"mathml") // 3x4行列のMathML表現を返す
prettyprint(rand(3,4),"mathml","[") // 3x4行列のMathML表現を'['をデリミタとして 返す

s=poly(0,'s'); G=[1,s;1+s^2,3*s^3];
xstring(0.2,0.2,prettyprint(G*s-1)); // LaTeX表現により多項式を表示

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012