Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Functions > bytecode

bytecode

Scilab関数を指定すると"バイトコード"をScilab配列に返す, またはその逆の処理を行う.

呼び出し手順

x = bytecode(f)
f= bytecode(X)

パラメータ

f

scilab 関数.

x

int32 行ベクトル

説明

x= bytecode(f) は, Scilab関数 f の "バイトコード"を 整数配列xに返します.

f= bytecode(x) は, Scilabの整数配列 x で指定した "バイトコード"が示す関数 f を 返します. x の有効性は確認されないことに 注意してください.

注意

Scilab関数のバイトコードは,将来劇的に進化すると予想されるため, この関数はプロファイル命令の処理に限って使用するべきです.

function a=foo(),a=sin(3),endfunction
bytecode(foo)

参照

  • add_profiling — プロファイル命令を関数に追加.
  • bytecodewalk — 関数バイトコードを検索し,変換する.
  • macr2lst — リスト変換用の関数
  • macr2tree — ツリー変換用の関数
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:38 CEST 2012