Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Elementary Functions > sort

sort

"クイックソート" アルゴリズムによる安定なソート (古い関数, gsort参照)

呼び出し手順

[s, [k]]=sort(v)
[s, [k]]=sort(v,'r')
[s, [k]]=sort(v,'c')

パラメータ

v

実数または複素数のベクトル/行列; 疎ベクトル; 文字列ベクトル/行列

s

実数または複素数のベクトル/行列; 疎ベクトル; 文字列ベクトル/行列

k

整数のベクトルまたは行列

説明

sort は "バブルソートアルゴリズム"を実装します.

sort は Scilab 5.3で削除されます. gsortを参照ください.

s=sort(v)v を 降順にソートします. v が行列の場合, ソートは列方向に行われ, vはスタックされたベクトルv(:) とみなされます. [s,k]=sort(v)vの中でのsのエントリの添え字も 出力します. すなわち, v(k(:))はベクトル sとなります.

s=sort(v,'r')vの 行を降順にソートします. すなわち, sの各列は vの各列でこれを降順に並び替えることにより 得られます. [s,k]=sort(v,'r')は, 各列iについて v(k(:,i),i)=s(:,i)となる添え字 kも返します.

s=sort(v,'c')vの 列を降順にソートします. すなわち, sの各行は vの各行でこれを降順に並び替えることにより 得られます. [s,k]=sort(v,'c')は, 各行iについて v(i,k(i,:))=s(i,:)となる添え字 kも返します.

複素数の行列またはベクトルはその大きさでソートされます. 列/行 ソートは複素数行列では実装されていません.

y=sort(A) は, A は 疎行列の場合でも使用可能です. 列/行ソートは疎行列では実装されていません.

注意 : sortis は古い関数とされており, gsortで置き換えられています.

[s,p]=sort(rand(1,10));
//p  is a random permutation of 1:10
A=[1,2,5;3,4,2];
[Asorted,q]=sort(A);A(q(:))-Asorted(:)
v=1:10;
sort(v)
sort(v')
sort(v,'r')  //Does nothing for row vectors
sort(v,'c')

参照

  • find — 論理値ベクトルまたは行列のtrue要素の添え字を見つける
  • gsort — クイックソートアルゴリズムによるソート
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:51 CET 2011