Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Elementary Functions > delip

delip

第一種の完全および不完全楕円積分

呼び出し手順

[r]=delip(x,ck)

パラメータ

x

非負の要素を有する実数ベクトル

ck

-1 と 1の間の実数

r

xと同じ大きさの 実数または複素数(またはベクトル)

説明

引数ckの 第一種の楕円積分は以下のように定義されます:

ただし, x は実数および正で, ck[-1 1]の範囲となります.

x が1より小さい場合,結果は実数となります.

xを指定して コールされた場合,xの各エントリについて ベクトルrが評価されます.

ck=0.5;
delip([1,2],ck)
deff('y=f(t)','y=1/sqrt((1-t^2)*(1-ck^2*t^2))')
intg(0,1,f)    //OK since real solution!

参照

  • amell — ヤコビのam関数
  • %asn — 楕円積分 l
  • %sn — ヤコビ楕円関数
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:51 CET 2011