Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab manual >> Graphics Library > Color management > colormap

colormap

カラーマップを定義

説明

カラーマップ cmap はm x 3行列で定義されます. m は色の数です. 色番号 i は, それぞれ赤, 緑, 青の彩度(範囲は0から1)を表す cmap(i,1), cmap(i,2), cmap(i,3) の組で指定されます.

最初,カラーマップには32種類の色が定義されています. 特定の図のカラーマップを set(f,"color_map",cmap) により変更することが可能です. ただし, fは図のハンドルです.

カラーマップの各色は,多くのプロット関数で色を指定するために使用する 際に使用されるIDを有しています. このIDを参照するには,関数getcolor を使用してください.

関数 hotcolormap, jetcolormap および graycolormap は, 連続的に変化する色を有するカラーマップを提供します.

デフォルトのカラーマップをcmap=get(sdf(),"color_map") により取得できます.

n=64;
r=linspace(0,1,n)';
g=linspace(1,0,n)';
b=ones(r);
cmap=[r g b];
f=gcf(); f.color_map=cmap;
plot3d1()
f.color_map=get(sdf(),"color_map");
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Jan 26 16:25:11 CET 2011