Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Polynomials > pdiv

pdiv

多項式の除算

呼び出し手順

[R,Q] = pdiv(P1, P2)
Q = pdiv(P1, P2)

パラメータ

P1, R, Q

同一サイズの実係数または複素係数を持つ多項式の配列。 Qは商であり、Rは剰余である。

When all remainders R are constant (degree==0), R is of type 1 (numbers) instead of 2 (polynomials).

P2

単一多項式、またはsize(P1)の多項式の配列です。

説明

多項式行列P1の多項式P2または 多項式行列P2による 要素毎のユークリッド除算. Rは余りの行列, Qは商の行列,そして, P1 = Q*P2 + Rij または P1 = Q .* P2 + R です.

x = poly(0,'x');
//
p1 = (1+x^2)*(1-x);
p2 = 1-x;
[r,q] = pdiv(p1, p2)
p2*q-p1

// 複素係数を持つ多項式
p1 = (x-%i)*(x+2*%i);    printf("%s\n",string(p1))
p2 = 1-x;
[r, q] = pdiv(p1, p2);   printf("%s\n", string([r;q]))
p = q*p2 + r;            printf("%s\n", string(p)); // p1は期待される

// 要素単位処理
p1 = [1+x-x^2 , x^3-x+1];
p2 = [2-x , x^2-3];
[r,q] = pdiv(p1, p2)

参照

  • ldiv — 多項式行列の長除算
  • pfss — 部分分数分解
  • gcd — Greatest (positive) Common Divisor
バージョン記述
6.0.0 pdivはすべてのランクが0のときに 'constant'型の行列を返すようになりました。
6.0.2 ハイパーマトリックスへの拡張。
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:10 CET 2019