Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Strings > string

string

文字列に変換

呼び出し手順

string(x)
[out, in, text] = string(x)

引数

x

論理値, 複素数, 実数, 整数, 多項式行列, 暗黙の大きさ, ライブラリまたは関数.

説明

string関数は 行列x を文字列の行列に変換します.

xが関数の場合, [out, in, text] = string(x) は 3つの文字列ベクトルを返します: out は出力変数のベクトル, in は入力変数のベクトル, そして text は 関数のソースコードの(列)ベクトルです.

xlib変数の場合, textは文字列の列ベクトルとなります. 最初の要素は,ライブラリファイルのパス, その他の要素は定義する関数の名前を有します.

文字列は'string' (引用符で括る)または "string" (二重引用符で括る)で定義されます; 文字列の行列は通常の定数行列として定義されます.

文字列の結合は+操作により行われます.

複素数, 実数, 整数, 多項式行列の場合, string の出力は format function (例参照)で管理されます.

string([]) は []を返すことに注意してください.

string(rand(2, 2))
deff("y = mymacro(x)", "y = x + 1")
[out, in, text] = string(mymacro)
x = 123.356;
disp("Result is " + string(x));
disp("/" + string(~%t) + "/");
disp("/" + string(%i+1) + "/");
disp("/" + string(int16(-123)) + "/");
disp("/" + string(1 + %s + %s^3) + "/");
string(corelib)
v = format();
disp(string(%pi))
format(24);
disp(string(%pi))
format(v(2))
string(1:4:$)

参照

  • part — 文字列の展開
  • length — オブジェクトの長さ
  • quote — (') 転置演算子, 文字列デリミタ
  • evstr — 式を評価する
  • execstr — 文字列中のScilabコードを実行
  • strsubst — 文字列を他の文字列で置換する.
  • strcat — 文字列を結合する
  • strindex — 他の文字列の中で指定した文字列の位置を探す.
  • sci2exp — returns a string able to generate a given Scilab object
  • format — set the default output format of decimal numbers

履歴

バージョン記述
5.4.0 暗黙の大きさの型が入力引数として管理されます.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:16 CET 2019