Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> CACSD > Linear Analysis > Stability > evans

evans

エバンス根軌跡

呼び出し手順

evans(H)
evans(H, kmax)

引数

H

伝達関数または状態空間表現で指定した SISO線形システム (参照: syslin).

kmax

実数 (プロットに用いるゲインの最大値)

説明

状態空間または伝達形式 H(s)のSISO線形システム (syslin)のエバンス根軌跡を出力します. これは,複素平面における 1+k*H(s)=1+k*N(s)/D(s)の根軌跡です. 選択された点のゲインk <= kmaxに関して, D(s)+k*N(s)の根の虚部が実部に対してプロットされます.

根軌跡の指定した点におけるゲインを得るには, データティップマネージャを アクティブにし,根軌跡の任意の点をクリックします.

H = syslin('c',352*poly(-5,'s')/poly([0,0,2000,200,25,1],'s','c'));
clf();
evans(H,100);
sgrid()

// Post-tuning graphical elements
ch = gca().children;
curves = ch(2).children;
curves.thickness = 2;
asymptotes = ch(ch.type=="Segs");
asymptotes.segs_color = color("grey70");

// Completing Evans plot:
[Ki,s] = kpure(H) // Gains that give pure imaginary closed loop poles
plot([real(s) real(s)],[imag(s) -imag(s)],'*r')

[Kr,s] = krac2(H)

参照

  • sgrid — s平面のグリッド線.
  • zgrid — zgrid プロット
  • syslin — 線形システムを定義する
  • kpure — 連続SISOシステムの限界フィードバックゲイン
  • krac2 — 連続SISOシステムのフィードバックゲインの限界値
  • datatips — プロットされた曲線に情報(tips)を配置,編集するためのツール.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:10 CET 2019