Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> GUI > uicontrolプロパティ

uicontrolプロパティ

uicontrolプロパティの説明.

説明

これらのプロパティは set または uicontrol 関数により設定できます. これらの値はgetにより取得可能です.

プロパティ

BackgroundColor

[1,3] 実数ベクトルまたは文字列

uicontrolの背景色です. 色は赤,緑および青の値として指定されます. これらの値は[0,1]の範囲の実数です. 色は[R,G,B]のような実数ベクトルまたは"R|G|B|"のように "|"で区切られた文字列で指定できます.

このプロパティを[-1 -1 -1]に設定すると ルックアンドフィールをデフォルトの背景色に設定します.

Border

Borderオブジェクト.

frameスタイルのuicontrolsでのみ使用され, このオブジェクトは createBorder により作成されます.

この値に [] を設定すると フレームの境界が削除されます.

Callback

文字列

uicontrolが有効な時(例えばボタンをクリックした時), Scilabインタプリタで評価される命令.

このプロパティは layer, frame および text スタイルの uicontrolsでは使用されません.

Callback_Type

整数

uicontrolに送信されるコールバックの型.

  • -1 none (コールバックはアクティブではありません)

  • 0 Scilab命令

  • 1 CまたはFortran関数

  • 2 Scilab関数

Constraints

Constraintsオブジェクト.

このオブジェクトは createConstraints により作成され,uicontrolのその親の対する位置と大きさに関する拘束条件を 記述します.

この値に [] を設定すると拘束条件を消去します.

Enable

{on} | off

uicontrolを有効または無効にします. このプロパティを"on" (デフォルト)に 設定した場合, uicontrolは有効となりますが, このプロパティに"off"を指定すると uicontrolはマウスの操作に応答せず,グレイアウトされます.

FontAngle

{normal} | italic | oblique

コントロールが何らかのテキストを含む場合, このプロパティはフォントの傾きを設定します.

FontSize

スカラー

コントロールが何らかのテキストを含む場合, このプロパティはフォントの大きさをFontUnits単位で設定します.

FontUnits

{points} | pixels | normalized

コントロールが何らかのテキストを含む場合, このプロパティはFontSizeを指定する単位を指定します.

FontWeight

light | {normal} | demi | bold

コントロールが何らかのテキストを含む場合, このプロパティは使用するフォントの重みを指定します.

FontName

文字列

コントロールのテキストを表示する際に 選択されたフォントの名前を選ぶ際に使用されます.

ForegroundColor

[1,3] 実数ベクトルまたは文字列

uicontrolの前景色です. 色は赤,緑および青の値として指定されます. これらの値は[0,1]の範囲の実数です. 色は[R,G,B]のような実数ベクトルまたは"R|G|B|"のように "|"で区切られた文字列で指定できます.

このプロパティを[-1 -1 -1]に設定すると, ルックアンドフィールによりデフォルトの表示色を設定します.

Groupname

文字列

radiobutton および checkbox スタイルuicontrolsの場合, 本プロパティにより同じグループ全体のuicontrolを 管理できるようになります. 例えばcheckbox uicontrolのグループは, 選択の単一性を自動的に管理します.

HorizontalAlignment

left | {center} | right

uicontrolのテキスト水平アラインメントを設定します.

Icon

文字列.

このプロパティは, (Scilabワーキングディレクトリに対する) 相対パス,または, pushbutton または text uicontrolで使用される 使用する画像ファイルの絶対パスを表します.

tab uicontrols内の frame uicontrols の場合, iconプロパティはシートのアイコンを設定します.

Layout:

このプロパティは, frame uicontrols の子を配置する 際に使用するレイアウトを設定します. 利用可能なレイアウトに関する詳細については, レイアウトのページを参照ください.

Layout_options:

このプロパティはframeの子を 配置する際に使用されるレイアウトのオプションを設定します. 利用可能なオプションに関する詳細については, レイアウトのページを参照ください.

ListboxTop

スカラー

listbox uicontrolsのみで使用され, このプロパティは, リストの可視領域の最初の行に現れるリストの要素を 指定します.

Margins

[1,4] 実数ベクトル.

[top, left, bottom, right] (ピクセル単位)で uicontrolの周りの空き空間を設定します.

Max

スカラー

"Value"プロパティで設定できる最大値を指定します. しかし,各uicontrolにおいて以下のように異なる意味を 有します:

     
  • checkbox および radiobutton uicontrols: Max はコントロールがチェックされた際に とる"Value"プロパティの値です.

  • slider および spinner uicontrols: 要素の最大値.

  • listbox uicontrols: (Max-Min)>1 の場合, リストは複数の選択が可能です.

  • edit uicontrols: (Max-Min)>1 の場合, editは複数行の選択が可能です.

Min

スカラー

"Value"プロパティで設定できる最小値を指定します. しかし,各uicontrolにおいて以下のように異なる意味を 有します:

  • checkbox および radiobutton uicontrols: Minはコントロールのチェックが外された際に "Value"プロパティがとる値です.

  • slider および spinner uicontrols: 要素の最小値.

  • listbox uicontrols: (Max-Min)>1 の場合,リストで複数の選択を行うことができます.

  • edit uicontrols: (Max-Min)>1 の場合, edit は複数行を選択することができます.

Parent

ハンドル

uicontrolの親のハンドル. このプロパティを変更すると, コントロールをある図から別の図に移動することができます.

Position

[1,4] 実数ベクトルまたは文字列.

このプロパティは, コントロールの形状を設定または取得する際に使用されます. このプロパティはベクトル [x y w h]です. ただし,各文字は左上隅のx位置,左上隅のy位置, uicontrolの幅および高さを表します. "x|y|w|h"のように 各文字を"|"で区切った文字列で表すこともできます. 単位は,"Units"プロパティで定義されます.

幅と高さはスライダの向きを定義します. 幅が高さよりも大きい場合,スライダは水平の向きとなり, それ以外の場合は垂直に配置されます.

Relief

{default} | flat | groove | raised | ridge | solid | sunken

uicontrolの境界の外観. "default" はアプリケーションの ルックアンドフィールがreliefを設定する際に使用されることを意味します.

古くなったuicontrol用のskinを使用した場合, デフォルト値はuicontrolのスタイルに関係します:

  • pushbutton uicontrols: "Relief" プロパティのデフォルト値は "raised"です.

  • edit uicontrols: "Relief" プロパティのデフォルト値は "sunken"です.

  • 他の uicontrols: "Relief"プロパティのデフォルト値は "flat"です.

Scrollable

論理値.

frame および edit スタイル uicontrolsで使用され, このプロパティは uicontrolがスクロール機能を有する(%T)または 有さない(デフォルト %F)ことを示します.

frameの場合,この値は生成時に 指定する必要があります.

SliderStep

[1,2] 実数ベクトル

[small big], smallステップはスライダをクリックした際, または(スライダにフォーカスがある時に) キーボード矢印をタッピングした際の移動量を表します; bigステップはCtrl-keyboard-矢印により移動する量を表します. bigステップが省略された場合, スケールの1/10がデフォルト値となります.

spinner uicontrolの場合, このプロパティの最初の値が固定ステップとして使用されます.

String

文字列.

このプロパティは(FrameおよびSliderスタイルを除く) uicontrolに表示されるテキストを表します. 表の場合,この値は文字列の行列です. ListBoxesおよびPopupMenusの場合, この値は文字列のベクトルまたは 各要素を"|"で区切った文字列とすることができます. Text uicontrolsの場合, テキストを整形するために この文字列にHTMLコードを含めることができます.

  • pushbutton または text uicontrols の場合, テキストを2つの$ (ドル記号)で括ると,そのテキストは LaTeX式とみなされます. また,< および > で括ると,MathML式とみなされます.

  • layer および tab uicontrolsの場合, この値は選択された子のタグを指定します.

  • image uicontrolsの場合, この値は画像ファイルのパスを指定します.

  • table uicontrolsの場合, この値は以下のように表データを指定します: [IGNORED COL1-HEADER...COLN-HEADER;ROW1-HEADER, ROW1COL1-DATA, ROW1COLN-DATA;...;ROWM-HEADER, ROWMCOL1-DATA, ROWMCOLN-DATA].

  • 色選択, アイコン, 背景および表面色を管理する listbox およびpopupmenu uicontrols の場合, String プロパティを 以下の形式に一致する行列に設定できます: ["#color1", "Item1", "#background1", "#foreground1"; "#color2", "Item2", ..., ...] ["icon1", "Item1", "#background1", "#foreground1"; "icon2", "Item2", ..., ...] ただし, "#color1", "#background1" および "#foreground1" はHTML形式 #XXXXXXです. この要素は色付きのボックスまたは関連する文字列の 左にアイコンを表示し, 要素毎に異なる背景/表面色で表示します.

Tag

文字列

このプロパティは一般にコントロールを特定するために使用されます. これによりコントロールに"名前"を付けることができます. 通常,findobj()と組み合わせて使用されます.

Title_position

{top} | left | bottom | right

tab スタイル uicontrolのタブの位置.

Title_scroll

論理値

tabスタイル uicontrol のタブが ラップされる (title_scroll=%F) か スクロールされる (title_scroll=%T)かを示します.

TooltipString

文字列または文字列ベクトル

このプロパティは, マウスがこのuicontrolの上を通過した際に表示される uicontrol tooltipのテキストを表します.

Units

{points} | pixels | normalized

"Position"プロパティを指定するために使用される単位を設定します.

Userdata

Scilabデータを

Scilabオブジェクト(string,string matrix, matrix mxn)をuicontrolに 関連付ける際に使用できます.

Value

スカラーまたはベクトル

uicontrolの値. 正確な意味はuicontrolのスタイルに依存します:

  • checkbox and radiobutton uicontrols: value is set to Max (see above) when on and Min when off.

  • listbox および popupmenu uicontrols: 値はリスト内で選択されたエントリの添字に対応する 添字のベクトルとなります. 1はリストの最初の要素です.

  • slider および spinner uicontrols: 要素により指定された値.

  • layer および tab uicontrols: 表示された要素の添字.

  • image uicontrols: 値は,画像プロパティ [X-Scale Y-Scale X-Shear Y-Shear RotationAngle] を設定する際に使用されます.

Verticalalignment

top | {middle} | bottom

uicontrolでテキストの垂直アラインメントを設定します. このプロパティはText および CheckBoxes スタイルでのみ 効果があります.

Visible

{on} | off

uicontrolの可視/不可視を設定します. このプロパティが "on" (デフォルト)に設定された場合,uicontrolは可視です. しかし,このプロパティが"off"に設定された場合, uicontrolは親の図の中に表示されません.

参照

  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • uicontrol — グラフィックユーザーインターフェイスオブジェクトを作成

履歴

バージョン記述
5.5.0

プロパティが追加・更新されました:

  • Borderプロパティが追加されました.
  • Scrollableプロパティが追加されました.
  • Groupnameプロパティが追加されました.
  • Iconプロパティが追加されました.
  • Marginsプロパティが追加されました.
  • Layoutプロパティが追加されました.
  • Layout_properties プロパティが追加されました.
  • Stringプロパティが listboxおよび combobox uicontrolsで色を設定する 際に使用されるようになりました.
  • Backgroundcolor および Foregroundcolor プロパティが オペレーティングシステム固有の値を管理するようになりました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:04 CEST 2015