Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilabヘルプ >> Functions > profiling > showprofile

showprofile

関数のプロファイル結果をコンソールに出力

呼び出し手順

showprofile(fun)

引数

fun

Scilab関数

説明

ある関数でshowprofileを使用するには, この関数についてプロファイル機能を有効にしておく必要があります:

  • add_profiling コマンド.

  • または関数がdeffコマンドで定義された場合, deffのオプション引数に "p" を指定, のどちらか

この関数が一度コールされた後, showprofileをコールすると, プロファイル結果がコンソールに出力されます.

出力される各行には(関数のヘッダ行を含む)対応する関数の行のプロファイル結果が含まれます. これには,この行のコール回数,合計CPU消費時間, この行の解釈に要したインタプリタ負荷, この行のソースコードが 含まれます. 出力の例を以下に示します:

            
            |1   |0    |0| function x=fun(n)
            
            |1   |0    |0|   if n > 0 then
            
            |1   |0    |2|     x = 0;
            
            |200 |0.01 |0|     for k = 1:n
            
            |200 |3.99 |5|       s = svd(rand(n, n));
            
            |... |...  |.| ...
            
        

ここでは,関数の5行目が200回コールされ,合計CPU時間が3.99秒であったことがわかります.

show_profileprofileに似ていますが, profile はプロファイル結果を 行列に返すのに対して, show_profile はコンソールに結果を出力するのみです.

注意: CPU時間の精度の制約(通常は1マイクロ秒)により, 実行時間が非常に速い実行された行は,CPUの合計時間が0と 表示される可能性があります.

// プロファイルする関数
function x=foo(n)
  if n > 0 then
    x = 0;
    for k = 1:n
      s = svd(rand(n, n));
      x = x + s(1);
    end
  else
    x = [];
  end
endfunction

// 関数のプロファイルを有効化
add_profiling("foo");

// 関数を実行
foo(200);

// プロファイル結果をコンソールに出力
showprofile(foo)

参照

  • add_profiling — プロファイル命令を関数に追加.
  • profile — 関数のプロファイル結果を返す
  • plotprofile — 関数のプロファイルチャートを表示する
  • reset_profiling — 関数のプロファイル用カウンタをリセットする
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:14 CEST 2015