Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Files : Input/Output functions > %io

%io

標準入力および標準出力を保持する変数(ファイル記述子).

呼び出し手順

%io(1)

%io(2)

説明

%io(1) は標準入力を返します (ファイル記述子 5).

%io(2) は標準出力を返します (ファイル記述子 6).

ファイル記述子 0 は標準エラーです.

mfprintf(%io(2),'Scilab stdout (C)');
mfprintf(0,'Scilab stderr (C)');
write(%io(2),'Scilab stdout (Fortran)');
write(0,'Scilab stderr (Fortran');
[units,typ,names]=file()

参照

  • write — フォーマットされたファイルに書き込む
  • mfprintf — 変換,整形し,ファイルにデータを書き込む
  • file — ファイル管理
  • dispfiles — オープンされているファイルのプロパティを表示
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:03 CEST 2015