Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > 2d_plot > champ

champ

2次元ベクトルフィールドのプロット

呼び出し手順

champ(x,y,fx,fy,[arfact,rect,strf])

champ(x,y,fx,fy,<opt_args>)

引数

x,y

グリッドを定義するベクトル.

fx

ベクトルフィールドのx要素を記述する行列. fx(i,j) は点(x(i),y(j))における ベクトルフィールドのx要素です.

fy

ベクトルフィールドのy要素を記述する行列. fy(i,j) は点(x(i),y(j))における ベクトルフィールドのy要素です.

<opt_args>

一連の命令 key1=value1,key2=value2,... を表します. ただし, key1, key2,... には以下のどれかを指定可能です: arfact, rect, strf (以下参照).

arfact

実数型のオプションの引数で, プロット時の矢じりの表示用のスケールファクタを指定します. (デフォルト値は 1.0).

rect

使用するグラフィックフレームの境界を指定する ベクトルrect=[xmin,ymin,xmax,ymax].

strf

長さ3の文字列 "xyz" で,plot2dstrfパラメータと意味は同じです. 最初の文字xはchampでは意味がありません.

説明

champ は2次元ベクトルフィールドを描画します. 矢印の長さはフィールドのインテンシティに比例します.

フィールドのインテンシティに依存した色を有する色付の矢印を 使用したい場合,champ1を使用してください.

コマンド champ() を入力するとデモが表示されます.

champの使用前に meshgrid関数を 使用する場合は調整が必要なことに注意してください. 詳細については最後の例を参照ください.

// rect をプロット境界として使用
champ(-5:5,-5:5,rand(11,11),rand(11,11),rect=[-10,-10,10,10],arfact=2)
// 境界を取得するために (x,y) を使用
clf()
champ(-5:5,-5:5,rand(11,11),rand(11,11),2,[-10,-10,10,10],"021")
// fx および fy を得るために meshgrid を使用
clf()
x = linspace(-1,1,30);
y = linspace(-1,1,30);
[X,Y] = meshgrid(x,y);
fy = 2.*Y;
fx = 2.*X;
champ(x,y,fx',fy'); //転置した fx および fyを使用

参照

  • champ1 — 色付の矢印を有する2次元ベクトルフィールドのプロット
  • fchamp — 2次元1階常微分方程式(ODE)のフィールド方向
  • plot2d — 2Dプロット
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:03 CEST 2015