Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > figure_operations > clf

clf

図またはuicontrolフレームをクリアまたはリセットする

呼び出し手順

clf([opt_job_arg])







clf(figureHandle[, opt_job_arg])



clf(num[, opt_job_arg])







clf(frameHandle[, opt_job_arg)

引数

figureHandle

ハンドル: クリアまたはリセットする図のハンドル

num

整数値: クリアまたはリセットする図のfigure_id

frameHandle

ハンドル: クリアまたはリセットするフレームのハンドル.

opt_job_arg

clfの動作を指定する文字列. 値には,"clear"または "reset"を指定します.

説明

clf コマンドは図をクリアし,デフォルト値にリセットすると共に 全ての子を削除します. フレームの全ての子を削除する際にも使用できます.

最初の入力引数:
num

clf(num,..) は, figure_id==numを有する図を クリアまたはリセットします.

figureHandle

clf(figureHandle,..) はハンドルh で指定された図をクリアまたはリセットします.

job

clf(job) はカレントの図をクリアまたはリセットします.

2番目の入力引数:
"clear" (デフォルト)

clf(.., "clear") は指定した 図またはフレームをクリアします.

  • 以下の全てのchildren が削除されます: 軸, uicontrols, メニュー (図のみ), ... 図でメニュー及びuicontrolsを削除対象から除くには, delete(gca()) コマンドを使用してください.
  • イベントハンドラを無効にしたする: .event_handler_enable = "off"
  • ステータスバーのメッセージをクリアする: .info_message = ""
他の全ての図のプロパティは変更されません.

"reset"

図のみで使用され, clf(.., "reset") は 指定した図の全ての子を削除します. 加えて,図のプロパティがgdfで 返されるデフォルト値にリセットされます. 唯一の例外は, axes_sizeおよび figure_size プロパティで 図が他の要素にドックされた場合にはリセットできません.

f4=scf(4);  //id==4 を指定して図を作成し,カレントの図にする



f4.color_map = jetcolormap(64);



f4.figure_size = [400, 200];



plot2d()



clf(f4, "reset")







f0=scf(0); //id==0 を指定して図を作成し,カレントの図にする



f0.color_map = hotcolormap(128); // カラーマップを変更



t=-%pi:0.3:%pi;



plot3d1(t,t,sin(t)'*cos(t));







clf() // equivalent to clf(gcf(),"clear")



plot3d1(t,t,sin(t)'*cos(t)); // color_map を変更しない







clf(gcf(), "reset")



plot3d1(t,t,sin(t)'*cos(t)); // color_map を変更しない (デフォルト値を32色に戻す)







fr = uicontrol("Style", "frame", "Position", [20 20 200 200]);



a=newaxes(fr);



plot(1:10);



clf(fr);

参照

  • figure properties — グラフィックエンティティプロパティの説明
  • gcf — カレントグラフィックウインドウのハンドルを返す.
  • gdf — デフォルトの図(figure)のハンドルを取得.
  • scf — カレントの図に指定する (window)
  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明

履歴

バージョン記述
5.5.0 clf は全ての軸の親で動作します (図及びフレーム).
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:04 CEST 2015