Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > axes_operations > unzoom

unzoom

グラフィックのズームを解除する

呼び出し手順

unzoom()

unzoom(H)

引数

H

Figureまたは Axesのハンドルのベクトル.

説明

unzoom() は,カレントのグラフィック図の 全ての軸からズーム効果を削除する際に使用されます:

unzoom(H) は,ハンドルH のベクトルにより指定された全てのFigureおよびAxesについて ズーム効果を削除するために使用されます. あるFigureに関するズーム効果を削除するのは, その全ての子Axesからズーム効果を削除することと等価です.

clf()

x=0:0.01:6*%pi;

plot2d(x,sin(x.^2))

zoom_rect([16,-1,18,1])

unzoom()

//サブプロットを順次実行

clf()

x=0:0.01:6*%pi;

subplot(211)

plot2d(x,cos(x))

a1=gca();

subplot(212)

plot2d(x,cos(2*x))

a2=gca();

rect=[3 -2 7 10]; // カレントの軸(直近の軸)の座標で指定された矩形

zoom_rect(rect) 

unzoom(a1) // 最初のプロットのみズーム解除

unzoom(a2) // 第二のプロットのみズーム解除y

zoom_rect(rect) // 再度ズーム

unzoom(gcf()) // 全ての軸のズームを解除, unzoom()と等価

参照

  • zoom_rect — カレントのグラフィック図の選択した部分をズーム
  • axes_properties — axesエンティティプロパティの説明
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:25 CEST 2014